アーチェリーに燃える親父のブログ

45歳で再び始めた男の紆余曲折悪戦苦闘日記

023 スタンスについて考えた②

 以前、スタンスについて書こうとしたことがありました(017)。しかし、そのときは話がそれ、スタンスの話はほぼなく、ほぼほぼノッキングポイントの話となってしまいました(笑)

 

 と言うことで、今日は、スタンス話をしたいと思います。この1ヶ月間の私の中の重要テーマベスト3のひとつなのです。

 

 

 

■高校時代は、ストレートスタンス

 

 高校時代は、ストレートスタンスでした。本を見たらそれが「普通」みたいに書かれていたのでね。当時、オープンとクローズがあるのは本を見て知ってはいましたが、どうしてそうするのが良いかということは知りませんでしたし、さほど興味がありませんでした。別に立ち方なんてどうでもいい、アーチェリーに大事なのは「情熱と強い意志と集中力」と当時思っていました。

 

 まー、それも大事です(笑)

 

 

【高校時代のまとめ】

・何ら疑問も関心もないままストレートスタンス。

・メリットやデメリットには考えが及ばず。

 

 

 

 

■大学時代はオープンスタンス

 

 大学生になり、強豪校(関東リーグ1部校。1部の真ん中くらい)へ入学しました。というか、やりたい学問があり、それを学べる学校へ入学したのでした。

 

 

ふふっ♪

 

 ナンパなサークルに入り、テヘテヘした明るい世界を楽しもうかと思っていました。

 

 

 

 しかし、

 

 

 気付くと、ヘロヘロ・テヘテヘではなく、オラオラ・ヨッシャーの暑苦しく汗臭い世界へ、自ら喜んで入っていたのです。

 

 アーチェリーは高校で引退したはずでした…

 

 まー、そんなこんなで、入部したらたまたま伝統のある強豪校だった…ということでした。

 

 

 さて、スタンスの話です。

 

 大学の部活では、基本的な色んなことを学びました。当然、スタンスについても…。

 

  ストレートスタンスのメリットは、

  的方向に対して…

 

  オープンスタンスのメリットは、

  矢筋が通し…

 

 

 そして、私は、オープンスタンスを選択したのです。その理由は…

 

 

  見た目が、かっこいい

 

 

 先輩から色々教わったことは何ひとつ反映されることはなく、結局、見た目だけで選んでしまいました。

 

 えー、わたくし、まー、そんな人間です。

 何か?(笑)

 

 

 

 【大学時代のまとめ】

・見た目だけでオープンを選択。

・メリットやデメリットには考えが及ばず。

 

 

 

 さて、45歳の私、何を選択したのか……

 (スタンスについて考えた③ へ続く)