アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

054 「絶対、負けねー!」

 

 

  我が、ブラック企業

 

 

 

 3月末から、めちゃめちゃ忙しかったです。未だに忙しいです。ほぼ毎日5、6時間の残業(無給)に週末は休日出勤(無給)。1ヶ月の残業時間は、120時間を超えます(無給)。平日に仕事を持ち帰ることもよくあります。

 

 

 ですが…、

 

  子供がいるのでこんなブラック企業

  辞めることもできず……   

    貧乏暇無し

 

 

 

  その上…

 

 

 

 帰宅すると、愛娘(中学生×2)の勉強や宿題の指導が待っています。

 

 懐が寒くて、塾に行かすことが、できないので、父、5教科の教科書を読んで勉強しています。勉強しながら、勉強を教えています。

 

 

 

 

 気付けば、私……

 

 中3までの数学の問題(公立校)、全部解けます。他の教科もかなりすごいです。(自慢話)

 

 

 

 

    父ちゃん、凄い。 

 娘たちは、この素晴らしい父を心から尊敬しているのです。

 

 

 幻想でした。  

 実際は、そうでもなくて…

 こんなこと、のたまいます。

 

 

 

「父ちゃんの説明、分かりづらい」

とか、

「父ちゃんの話、長過ぎ」

とか、

「父ちゃんの話聞くと眠くなる」

とか、抜かしやがります。実際、寝ることも度々……

 

 

 

 

 先日、更に衝撃的な発言が……

 

 

 

 

「父ちゃん頑張って喋ってるから、分かった振りしてるけど、ホントは全然、分かってないからね!」

  

 

 

 

 えー、まー、何と申しましょうか。

少々、素直過ぎる、ま、可愛い娘たちです。

 

 

 

 

 

 

 

 そして、犬(メス)。

 

 

 

 

 しかし、激務過ぎて、抜け殻帰宅の私にはロードワーク(犬の散歩)に行く元気もなく……

 

 

 

 

 こんな逆境に私はいつもこう唱えています。

 

 

 

 絶対、負けねー!

 そうして、歯を食いしばり、今日も頑張ってます。

 

 

 

 

 大学時代、

 

 

 

 

 試合中、外れ始めると、自然とこう唱えてました。

 

 

 

 

 絶対、負けねー!

 

 

 

 

 

 

 

 大学時代の経験から導き出した答え

 

 

 

 

 

 

アーチェリーの試合中に限っては、

 絶対、負けねー!と思ったら、

必ず負ける。

 

 

 

 

 ちーん。