アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

051 仕事が一段落しました。

 

 

 この2か月間は、忙しかったです。そして、何年かに一度の、重く大きな仕事を担当していました。

 

 この3週間は、体調管理にも力を注ぎました。毎日、したくもないのに、予防でマスクを18時間し続けました。疲労を残さぬように、運動量は減らし、ストレッチ中心でした。怪我したり、筋肉痛になったりする訳にはいかないので、アーチェリーの練習もほとんどしませんでした。寝室では、加湿器をフル回転させて、睡眠時の湿度を保ちました。

 

 その甲斐あって、インフルエンザと溶連菌で、周りがバタバタ倒れていく中、私は、無傷で取り組み続けることができました。

 

 この10日間は、その任務のことだけに意識を集中させて生活しました。

 

 

 なのに……

 

 

 先の土曜日、風邪の症状が……

 

 

 

 

よっしゃ、「全力で治すぜ宣言」発令だ!

 

 

 すかさず、通院し、薬を飲んで、布団の中でひたすら静養しました。日曜日、やりたいことにも、やらねばいけないことにも目をつぶり、ひたすら静養し続けました。

 

 

 ふふふ。 さすが俺、

 

 ピンチをニ日で乗り切りました。

 

 

 

 

 そうして、遂に任務を果たすことに成功したのです。

 

 うーむ、いい充実感。

 

 

 

 ということで、今日から本格的に練習再開となりました。仕事や家庭や色んなことで、部活のように、お気楽に毎日練習できないのが社会人ですね。

 

 

 時間を上手にやりくりし、いい顔しながら、進んで行きたいと思います。

 

 頑張れ、俺!!