アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

049 注射しました。

 中指が痛みで動かせなくなり、腫れも大きくなりました。曲がらない指を痛みに耐えながら強引に伸ばそうとすると、パキンって指が跳ね上がります。

 

 まさに ばね指 だったりします。

 

 

 

 まー、仕事が忙しく、整形外科の最終受付時間である18:00に行くことが中々できませんでした。

 

 通院できず、アーチェリーできず、の日々がズルズルと続きました。

 

 

 

 

 先日、ようやく通院できました。とっとと手術して、このばね指問題を解決させたいと考える私に

 

 「もう一回なら、痛み止めの注射できますよ。ま、手術しちゃってもいいけど…」

 

 美人の女医さんは、つまんなさそうに、棒読みで答えました。

 

 

 「面倒なんで、とっとと切っちゃいましょう」

 

 と私が爽やかに答えると、彼女は表情が一変し…

 

 「じゃ、いつやろっか?」

 

 嬉しそうに、無邪気に返してきます。

 

 

      S

 

 …そうだ、この先生、こういう人だった…

 

 

 

 

 ところがここで問題発生。

 

 

 手術自体は15分もあれば余裕で終わるとのことだったのですが…

 

 ① 手術は、朝しかやらない。

 ② 手術は、平日しかやらない。

 ③ 手術は、違う病院でやる。

 ④ なんだかんだで、昼前までかかる。

 

 

 

 働かされ盛りの中間管理職的な40代に、そんな時間はありません。ましてや今は大忙しです。結構、温かい職場なので、半日休んで手術しておいで、と言ってもらえそうな気もするのですが…

 

 

 つい先日、腰痛で一週間入院し、多大なる損害を与えている私には、そんなことは言えません。

 

 

 

 そして、もう一つ… こんな思いが大きくなってきました。

 

 

 早く アーチェリーがしたい。

 

 

 

 方針転換です。痛み止めの注射をお願いしました。

 

 「3月の末に、半日休める日がきっとあるので、その時に切ります。それまで持たせるために注射をお願いします。」

 

 

 少し残念そうになった彼女の表情に、私はとても申し訳なく思いました。

 

 

 

 

 

 指の根元ら辺に、綿棒で赤チンみたいなものを塗られました。注射器を握りしめた途端、サバサバし過ぎの美人の先生の目が輝き始めました。

 

 

 機嫌が直って、良かった…。

 

 

 そんなことを思いながら、その瞬間を待ちました。

 

 

 

 

 ぴっ! 

 

 っと注射器のカバーを、映画のワンシーンのようにカッコよく外すと…

 

 

 ずぶっ!

 

 刺す位置の確認もせずに、迷いも遠慮も優しさもなく、勢いよく刺しました。まさに必殺仕事人の京本政樹のように。

 

 

 

 うっ

 

 

 痛みを必死でこらえる私に、

 

 「ごめんね」

 

 ごめんねという気持ちは全く感じられません。こみ上げる歓びが抑えられない、というオーラだけが伝わってきます。

 

 

 この先生は、切り刻むような手術のとき、大興奮するんだろうな…

 

 

 

  え?

 

 私は気づきました。

 

 

  違う、前回とは…

 

 

 前回よりも深くまで突き刺さっている…

 前回と刺さっている場所が五ミリ違う…

 

 

 

 ううう、

 

 ……何事も勢いが大事なんですね、先生!

 

 

 

結果

 

 痛み止めがしっかり効くのに前回は、二日。

 しかし、今回は、五日。

 

 

 

 

 美人なので、許します。