アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

048 リムの長さの話

 

 今、発見したことですが…


 「アーチェリー ばね指」


 と検索すると、1ページ目に私のブログの記事が2件ヒットします。
 カイ・シデンならきっとこう言うでしょう…




 「悲しいけど、これ、現実なのよね」
         (機動戦士ガンダム







 どうも40代の男性というのは、ガンダムネタを嬉しそうにちょいちょい入れてきます。あなたの職場にも、きっとそんな人いますよね。




 さて




 この「バネ指問題」、換言すれば、

【引手中指に圧かかり過ぎ問題】

ですが、これには、中々難しい問題が潜んでいるのです。よく言われる、取りかけの圧のかかり方の割合ですが、皆さんはいかがですか?




 大学時代は、人差し指・中指・薬指は、1:6:3と習っていました。




 アチャ本(雑誌アーチェリー)でも、時々、特集が組まれ、バックナンバーでは、沢山の一流選手のインタビュー記事が掲載されていました。


 それを見て、驚きました。


 選手によって、ありとあらゆる掛かり方の割合があるのです。他の本とか動画を読んだり、観たりしていると、何となく、王道というか基本というか、ま、そんなものはあるのですが、結局は…



 自分に合ったものを
 自分で探せ



 ということみたいですね。アーチェリーでは、よく見掛ける言葉です(笑)




 で、私ですが…

 大学時代、1:6:3を目指しましたが、実際、一番収まりが良かったのは…

 0.5 : 7.5 : 2

でした。つまり、中指への負担がとても大きい取りかけでした。昨夏、ばね指になってからは、少し変えて、1:5:4を目指しましたが、気付くといつも、大学時代と同じになってました。




 そして、今回、再び ばね指…







 対策案を練りました。


 ① ひとまず手術する。
 ② 取り掛けの圧の割合は、1:5:4を目指す。
 ③ リムのサイズをMからLへ変えるか
   検討する。




 リムのサイズを、M(68)からL(70)に変更すると何が変わるのでしょうか。一般的に言われているのは…



□メリット
  
 ・取り掛けの圧が弱まる。
 ・弦が鈍角になるので、弦が鼻に付き
  やすくなる。


■デメリット
 ・リムのしなりが弱まるので、矢速が
  低くなる。
 ・矢が硬く出る。
 



 私のハンドルは25で、矢尺は、約29インチなので、選択は、MでもLでも良いとされています。そこで、ポンドが低い軟弱な私は、70mでも、しっかりと届かせるために、Mを選択していました。



 指のことを考えると、Lの方が良いのではなかろうか…。いやいや、ポンド低いんだから、的にしっかり届かないと意味ないだろ…。待て待て、指痛めてたら、そもそも射つことできないだろ…。


 そんな自問自答が繰り返されます。リムを変えると当然、大金を必要とするので、慎重にしたいものですね。






 まずは、手術……(泪)