アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

047 退院しました。すると次は…

 

 

 約1週間の入院期間を経て、無事退院しました。

 

 しばらくは、歩行器を使っての生活でした。これさえあれば、かなり自由な移動が可能です。コツを掴んでからは、移動中に足にかかる重力は、何と0.5割くらいしかありません。

 

 発明してくれたお方、本当にありがとうございます。大感謝です。

 
f:id:archery2017:20180212084304j:image

 その名も「あるこー1S」 歩けます。

 

 

 

 

 アーチェリーの素晴らしさを新たに発見しました。それは……

 

 

 

 腰が多少痛くても、結構やれる!

 

 

 

 ということです。

 

 今シーズン最後のインドア大会に向け、練習再開です。とは言っても、歩くのは、それなりに痛いので、自宅での近射のみです。

 

 

 

 嬉しい。

 

 

 

 射てる喜びを噛み締めながら、射ちました。

 

 射ちました、射ちました。毎日少しの時間でも、黙々と射ちました……

 

 

 

 あれ? これってもしや……

 

 

 

 引手中指が、腫れてきました。

そうです、昨年の後半、私を苦しめてきた…

 

 

 

  ばね指、再び

 

 

 

 昨年12月には、大会に出場するために、痛み止めの注射を撃ちました。その後は、痛みも嘘のようになくなっていました。

 

 

 

 

「注射は、痛めることになるので、何度も打てません。次、同じように、跳ねたら手術ですね」

 

 

 

 

 年上の美人の女医さんに、そう言われていました。

 

 

 日に日に強くなる痛みと腫れ。あの時と同じような痛みの拡がりが見られます。

 

 

 

 そして、今朝、遂に……

 

 

 

  ぱきんっ!  

   指 跳ねました…

 

 

 

 

 

 連休明け、通院してきます。

 

 

 

 

 

 

 このブログ、アーチェリーよりも、次々と襲い掛かってくる怪我のネタが多い気がするのは、気のせいでしょうか(笑)