アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

004 リムを買いました。

 六月下旬のことでした…

 

 弦を張って、普通の素引きをしてみたい。

そんな希望を持ちながら、色んなことを考えていました。射形を作って行くためにはやはり軽いのから徐々に上げていきたい!

 そんな時、初めて聞いた言葉が…

  → レンタルリム

なんと素敵な響きなんだー!

 

 むむ、おやおやおやー、げっ

 

 調べていると色んなことが判明。そもそも私の住む所の少なくとも二時間圏内の地域でレンタルをやってるショップはない。しかも、ネットでやっている良心的なところには在庫がない。

 

 ちーん

 

 しゃーねー、普通に買いますよ。という訳で、28ポンド前後で一番安いリムを捜索。ネットで見落としがちなのが「送料」。送料はショップによってピンキリだね。価格+送料で一番安かったものに決定です。

 

 カタカタカタ、ポチっ、カタカタ、ポチッ、

 カタカタカタカタ、ぽ…、おっおーしまった、

 危ない危ない、ヤバイヤバイ、おおお…

 

 ここで大きな問題に気がつきました。

 

 日頃、私が、倹約しろー、無駄遣いすんなー、と家族に言ってるもんだから、私宛の宅急便が来ると、「頼んだの誰?」「中身は何?」となるのです。酒もタバコも博打も女も全くやらない私は、金のかからない優良な男です。確かに男のロマン(趣味)には多少、金を注ぎ込む傾向はありますが…。しかし、そんなのは大した問題はないのです。だが、他者との比較ができない我が妻子の検閲は非常に厳しい、しかもやつらはアーチェリーが「金のかかる道楽」であることを知っているのです。いくら最低価格のリムだと言ったとこで11000円は平成ジャンプのファンクラブの年会費2年分です。あいつらが理解を示すはずがないのです。


 「通販で買い物をしたいのですが、家族にバレるとまずいものなので、Aさんのお宅に配送させてもらえると嬉しいです。」

 翌日、信頼している職場のAさんにお願いしました。即座にアダルトものだと察したAさんは困惑した表情で

 「中身は何?」

  「男のロマンです」

 「え?」

 正直に答えたら、余計怪しい方に…

その後、きちんと詳しく説明しました。


f:id:archery2017:20170723235749j:image
 四日後、出勤すると、Aさんが大きな箱を渡してくれました、素敵な満面の笑みとともに…

A「はい、男のロマン♪」

  …職場の同僚の何人かが振り返る…

  やばい、誤解される(汗)

A「奥さんにバレないように気をつけてね♡」

  …優しいお言葉に、振り返った同僚の表情が

   少し変化する…

  まずい、完全に誤解されてる(汗)

 A「どうやって使うの?」

私「こうやって挿して使います」

  しまった、答え方間違えた(汗)

 

 …Aさん、ありがとう。


f:id:archery2017:20170723232747j:image