アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

055 アーチェリーの大会に天候は無関係 ①

 

 アーチェリーの大会や試合は、どんな天候でも、基本、やります。

 

 

 私もかつて、いくつか経験しました。

 

 

 

 

 

 台 風

 

 

 

 台風の真下で戦ったことがあります。なぜ、こんな中でアーチェリーをしなければいけないのか理解に苦しみながら、開会式に参加してました。

 

 ずぶ濡れになり、風に遊ばれながら、メガネの雨をぬぐいつつ、戦いました。

 

 一体、こんな中でアーチェリーするなんて、意味ねーだろ!

そう心の中で何度も叫んでいました。

 

 

  

    ん ?

 

 

 

 この時、私は、忘れられない光景を見たのです。

 

 

 

   目 = 快 晴

 

 

 雨は止み、風もなく、見上げると、頭上だけが丸く、快晴でした。もろ台風の目です。まさに黒目、いや……

 

 

  瞳 です。

 

 

 

 台風の瞳に入ったのは、今のとこ、人生でこの1回だけです。

 

 

 この日、悪天候の中でアーチェリーした意味がありました。

 

 

 台風の目の中で戦ったことは、忘れられない思い出のひとつです。

 

 

 この日の以降、雨の中の戦いを少し楽しめるようになりました。