アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

053 至福のひととき中 ③

 

 

 私、スタバが好きです。

 

 

 そんなことを言うと、ミーハーっぽいというか、カッコつけてるというか、調子こいてるというか、粋がってるというか、無理してるっていうか、まー色々と思う人がいるでしょう。

 

 

  確かにそういう人も多いです。

 

 

 

  で

 

 

 

 私、エスプレッソが好きです。

 

 

 コーヒーではありません。エスプレッソです。コーヒーも好きですが、エスプレッソの比ではありません。コーヒーは飲むものですが、エスプレッソは舐めるものです。この差は大きいですね。

 

 

 コーヒーも飲みますが、深煎りの苦苦でないとやる気が低下します。豆の量は一般的なコーヒーの3倍くらい使わないと駄目なのです。という訳で、深煎りの苦苦豆を買います。スタバならイタリアンロースト、タリーズならフレンチローストですね。

 

 

 で

 

 

 エスプレッソが飲める(舐めれる)喫茶店は、残念ながら私の周りには少なく、タリーズとスタバくらいです。ファミレスとかのフリードリンクでは、高性能なエスプレッソマシンを使っているサイゼリアがギリギリセーフです。

 

 

 そして、最も好きなのがスタバです。

 

 

 

 美味しい一杯のエスプレッソを飲みに行くことは、とても嬉しいことです。車で往復40分以上かけて行きます。

 

 

 

  で

 

 

 私、読書が好きです。

 

 

 

 エスプレッソを舐めながら、読書する…

 これ、私の贅沢なひとときなのです。

 

 

 

 

 

 娘たちは、父と一緒にいたくないお年頃になってきました。かなり拒否します。

 

 

 ふふふ、ラッキー!

 

 

 娘の意思を尊重し、妻子を家内の実家に配達し、

 

 で、私、今、スタバ(笑)

 

 

 

今日、持ってきた本は…

 
f:id:archery2017:20180401161754j:image

 

 

 ずっと読んでみたかったリー・キーシクの名著「インサイド・アーチャー」です。定価3800円なので、なかなか購入する勇気がありませんでしたが、先日、アーチェリーがとっても上手い人から借りることができました。

 

 大事なところをしっかりと刻み込み、そして振り返りやすいように、読みながらwordでまとめノートを作成しています。

 


f:id:archery2017:20180401162157j:image

 

 小型タブレットと、折り畳み携帯用キーボードを持ち込んで、至福のひととき中です。

 

 タッチパネルの入力は、女子高生のようにサクサクできないので、キーボードを使います。長文入力となると、タッチパネルは、ストレスがたまりますね。

 

 

 

 ふと気付くと、

 私、かなり「意識高い人」になっている・・・

 

 

 

 そう思われるのは、ちょっと嫌ですが(笑)、至福のひとときを追い求めた結果、こうなったということで良しとします。

 

 

 

 ちなみにオーダーはいつも

 

 スタバなら「エスプレッソ ドピオで」です。

 タリーズでは「エスプレッソ ダブルで」となります。

 

 

 

 今日は、ここでお世話になった人に手紙を書き、リー・キーシクの本を読んで「スタンス」と「姿勢」についてまとめ、久し振りにブログを書いています。

 

 

 う〜ん、幸せ…

 

 

 

 

p.s.

 ちょっとずつ暖かくなってきました。

 走るのはとても気持ちがいいですね。

 春ですね。