アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

052 今日から走ります。

 

 前回、私はこう言いました。

 

 

 

 

 時間を上手にやりくりし、……。

 

 

 

 

 この10年間、だらけた生活をしてきた私にとって、これはとてつも無く難しいことなのです。

 

 きちんとした何かをするよりも、ゴロゴロしたり、だらだらしたりする方が、楽です。

 

 

 

 そして、自分自身にこう言い訳します……

 

 

 夜なら…

  今日はよく頑張ったから、心身をしっかり休ませないとね。

 

 

 朝なら…

 昨日ははよく頑張ったから、心身をしっかり休ませないとね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分を律する。

 

 

 弱い自分に勝ちたい。

 

 このまま、だらだら人生を終えたくない。

 

 

 

 

 

 

  克 己

 

 

 

 

 私は今、一度しかないこの人生の時間をどのように使うかを自分で選ぶことができます。これは、現在の日本では、ごく当たり前のようですが、歴史を振り返ったり、他の国を眺めたりすると、我々が如何に恵まれた環境の中に存在しているのかが分かると思います。

 

 

 

 

 なのに、現在の私は、自分に言い訳をしながら、時間の無駄遣いをしています。

 

 

 

 

 

 

 今日からは、30分あれば、犬とジョギング(カッコよく言えばロードワーク)したいと思います。

 ※ 018の記事参照。

 

 

 

 

 

 継続は力なり

 

 

 

 何かを始めることは、勢いとエネルギーが必要です。

 

 何かを続けることは、自分に打ち克つ根性が必要です。

 

 

 

 

 言うことは、簡単です。

 それを行動に移すことは、難しいです。

 それを継続させることは、至難の技です。

 

 

 

 

 

 弱い自分に打ち勝つために、早速、今日もこれからウンコ袋片手に走ってきます。

 

 

 

 走ると何かが変わる気がするのです。