アーチェリーに燃える親父のブログ

45歳で再び始めた男の紆余曲折悪戦苦闘日記

044 グリーンバッチをいただきました。

 

 

 昨年8月に書いた記事(009 アーチャーの証)のその後の話です。

 

 先に009の記事をご覧いただけると良いかと思います。

 

 

 

 

 昨年8月のある日のこと、私は、半分合ってて、半分間違ってる内容を書きました。

 

 

 

 ということで、グリーンバッチについてまとめてみました。

 

 

 

 

(1)グリーンバッチの必要性

 

  ・無くても出場できるものがあるが、ほとん

   どの大会、競技会では、出場資格の一つと

   されている。

 

  ・ほとんどの練習場では、一人で射つときに

   必要とされている。

 

 

 

(2)グリーンバッチの取得条件

  

  ・全日本アーチェリー連盟への所属が必要。

 

  ・得点の基準を満たすこと。

  

  ・3級以上の公認審判員が立ち会った競技会

   での点数が基準得点となる。

 

  ・競技会は、アウトドア、インドア、

   フィールドのどれでもいい。

  

  ・基準得点

   アウトドア 30м 36射 200点以上

   インドア  18м 60射 240点以上

   フィールド 12標的   50点以上


  ・安全ルール、マナーを取得していること。

 

 

 

(3)グリーンバッチのその他

 

  ・バッチは形状が変わった。

  

  ・500円が、800円に値上がりした。

 

  ・全てのバッチは、通し番号が明記されて

   おり、連盟で管理をする。本人確認がで

   きる。

 

 

 

 ただし、地区の協会によって、ほんの微妙な違いがあるかもしれませんので、取得を考える際は、改めて地区の協会にご確認下さい。

 

 

 

 

 

 

 さて、私の話…

 

 

 昨年8月に点取りをして、点数取り過ぎちまったぜー、なんてことを、ほざいておりましたが、練習での自己申告では、お話にならないということが、上記の通り、発覚しました。

 

 

 前回述べたように、全日への登録が受理されるのに、非常に日数がかかりました。

 

 椎間板ヘルニア、ばね指、肩関節炎などの故障が相次ぎ、練習もままならない涙の日々が続きました。

 

 11月に、公認の記録会で、240点以上を取ることができ、基準得点はクリアしました。

 

 

 

 

 随分と時間はかかりましたが、やっと手にしました、グリーンバッチ。

 
f:id:archery2017:20180202080613j:image

 

 

 

 笑われると思いますが…

 何か とても嬉しいです。

 

 
f:id:archery2017:20180202080633j:image

 

 

 

 

 アーチェリーを始めて八ヶ月かかって、ようやくアーチャーの証を手にしました。

 
f:id:archery2017:20180128185501j:image

 

  今までのしょぼいバッチには、比較にならないほど、カッコいいです。

 

 

 
f:id:archery2017:20180202081258j:image

 

 

 

 

思い出話 『グリーンバッチと私』

 昔のバッチには登録番号が刻印されていない

 

 

 

 

①グリーンバッチの取得の瞬間(高校一年)

 

 

 あるアーチェリー業界の人との会話。

 

 

「グリーンバッチ持ってるの?」

 

 「グリーンバッチって?」

 

「大会に出るとき必要なんだ」

 

 「ふーん」

 

「はい、1人 500円」

 

f:id:archery2017:20180128185257j:image

 

 「こんなチンケなものが500円もするん

  ですか。詐欺ですね」

 

「アーチェリーは、ま、そういうもんだな」

 

 

 

 今回のような感慨は、当然ない。

 

 

 

 

 

 

 

②グリーンバッチを手放す瞬間(高校三年)

 

 

 ある後輩との会話。

 

 

 

「グリーンバッチ持ってるの?」

 

 「グリーンバッチって?」

 

「大会に出るとき必要なんだ」

 

 「そうですか」

 

「あげるか?」

  

 「いいっすか、ありがとうございます」

 

「こんなチンケなものが500円もするんだぜ」

 

 「詐欺ですね」

 

「アーチェリーは、ま、そういうもんだな」

 

 

 

 寂しさは、当然ない。

 

 

 

 

 

 

③グリーンバッチの取得の瞬間(大学一年)

 

 先輩との会話。

 

 

「経験者でしょ、グリーンバッチ持ってんの?」

 

 「後輩にあげちゃいました」

 

「は? バカ!」

 

 「すいませんでした」

 

「やるから、500円出しな」

 

 「こんなもんでもないとまずいんですかね」

 

「は? アホか!」

 

 「すいませんでした」

 

 

 

  ありがたみなど、当然ありません。

 


f:id:archery2017:20180202081030j:image