アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

040 箱根駅伝でした。

 

 謹賀新年

 

 さてさて、新しい年を迎えましたね。

この年末年始は、大忙しでした。

 

 

 忙し過ぎて…

 

 

 いつもは紅白歌合戦を見ながら年賀状を書くのですが、今年は、箱根駅伝(復路)を見ながら書くことになってしまいました。

 

 

 箱根駅伝

 

 母校が上位で頑張っていたので、応援に熱が入り過ぎて、年賀状書きは一向に進まないのでした。

 

 大学時代、一度だけ応援に行きました。二日目、芦ノ湖、復路のスタート地点です。

 

 その日、私は仲間と共に、朝の4時過ぎに芦ノ湖に到着しました。駅伝の像と写真撮影をしたり、応援の練習をしたりしていました。とにかく、寒かったです。

 

 スタート地点近辺は、それぞれの大学の応援エリアが決められています。日の出前から続々と、学ラン姿のあちこちの応援団が現れます。そして、スタートの1時間前には、各大学の応援部隊の集結が完了し、応援が始まるのでした。

 

   エールに、三三七拍子……

 

  頑張ります。

 

 大学歌、応援歌………

 

  知ってる歌は大声で、知らない歌は

  口パクで…。

 

 

 箱根の山に、俺達の熱き声がこだまします。

 

 

 しかし…

 

 1時間もやり続けると…

 

 飽きる

  (ごめんなさい)

 

 

 

 歓声が一気に大きくなる。

 

 … 始まった?

 

 

 号砲は、激しい応援に掻き消される。

 

 

 ボルテージが一気にMAXに。

 

 

 

 そして、選手が…

 

 来たー!

 

 

 

 えっ?

 

 ええぇー?

 

 

 

 ほんの一瞬でした。

 

 あまりにも速く、短距離走の速度で駆けていきました。TV中継とは全く異なります。選手が見えた瞬間、既にその姿は消えているのです。あんなスピードで長距離を走り続けるなんて……

 

 凄すぎ

 

 

 そしてもうひとつ凄いこと。

 

 応援団。

 

 彼らは、日本中が注目するこの大舞台で、世界で一番大きな声で応援しているにもかかわらず…

 

 

 

 選手に背を向けている。

 

 

 

 立ち位置を考えると理解できると思いますが、彼らは選手を全く見ることができないのです。

 

 

 

 この姿に 心底、感動しました。

 

 

 

 

 

 日の出前に集合し、一時間以上応援し、選手を見たのは一瞬で、撤収もあっという間でした。

 

 

 

 

 

 あの日、応援に行って本当に良かったと思います。心に深く刻み込まれた思い出のひとつです。おかげて、今でもお正月は、テレビに釘付けで応援しています。熱が入ります。

 

 

 今年も 感動の涙、泪、涙でした。

 

 

 

 ありがとうー!

 

 

 

 感動を与えてくれた選手にお礼を言うと、私の箱根駅伝が終わります。

 

 気付くとテレビの前のテーブルの上には、ティッシュの巨大な山が築かれているのでした。

 

 

 

 

 元旦はいつもよりも早く寝ます。

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

 あの日、私は応援に行くために、帰省していた実家から、一月一日に、自分の家へ戻りました。「お正月にやっと帰ってきたんだから、あと1泊くらいしていきなさい」という母の言葉に背を向けて…

 

 

 

 翌日…

 

 

 

 仲間からの電話で目を覚ましました。

 そして、テレビをつけると、そこには…

 

 

 

 既に四区。

 

 

 

 

 駅伝初日、現地で応援するために、遠距離恋愛の彼女に背を向け、元旦に戻ってきたにもかかわらず……

 

 

 

 寝過ごしました。

 

 

 

 

 

 未だにその日のことを、親にも、もと彼女にも、酷いやつ、愚かな奴と嘲笑われています。

 

 

 そんなこんなも全部ひっくるめて、色んな想い出と熱い思いを持って、箱根駅伝の中継にかじりついているのでした。