アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

038 再び立つ

 

 

 

 無様な敗戦で涙を少し流しましたが、

 

 

 復活しました。

 

 

 再び意欲が湧き上がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 理由 1

 リムを新しくした。

 

 理由 2

 新たな目標が決まった。

 

 

 

 

 

 

 これまでは、ポンドの低いリムを使っていました。レンタルリムを利用できない地域の私は、やむなく一番安価なリムを買い、使っていました。

 

 

 初めは22ポンドのグラスリム。

    ↓

 次が今使っている28ポンドのグラスリム。

 

 

 ともにSFの一万円ほどの安いものです。この低ポンドのグラスリムを見て、幾人かの上手い人たちが、こんなことを言っていました。

 

 

 

  ・低ポンドはミスが大きく出やすい。

  ・矢速が遅いとミスが大きく出やすい。

  

  

 

 この言葉を信じて、点数が低かったり、Мったときの自分の心の中で、言い訳にしていました。

 

 

 

 そして、今、32ポンドのカーボンのリムが届きました。数あるリムの中で、返りの速いものを選びました。本当は36ポンドにしたかったのですが、日々の肩の故障を考慮すると4ポンドアップに抑えた方がいいのでは、と判断したのです。

 

 

 

  高校男子の目安が35〜40ポンド

  高校女子の目安が30〜35ポンド

  大学男子の目安が35〜45ポンド

  大学女子の目安が30〜40ポンド

      (山本博氏の著書より引用)

 

 

 

 表示ポンド=実質ポンドとなるのは、28インチです。そして、1インチで約2ポンドの差が生じます。

 私は、矢尺が約29インチです。そのため、実質34ポンドとなります。また、リムボルトを締め込めば、2ポンドアップして、実質36ポンドまで上げられることとなります。

 

 大学1年の男子生徒が最初に買うリムの実質ポンドとさほど変わらないと思います。私が大学時代に最初に買ったのは、確か38ポンドだったと思います。その時、同時に買った同じ1年生たちも(経験者以外)38ポンドでした。約半数は矢尺が28インチに満たなかったと思うので、実質36ポンド前後の奴も複数いたと思います。しかもポンドダウンして使ってることもよくあったので…。

 

 そんな同じ代の連中も2年生の頃には、いい点数を出していたので(ショートハーフで600〜620点←20年以上前の話)、そんなに大きく困ることはないのでは、と思います。

 

 ちなみにうちの大学では3年になる頃に次のリムに変えることが多かったです。その時、私は、42ポンドのリム(実質44ポンド)を買い、社会人二年目まで使用していました。ま、そんなとこまでポンドアップできるとは思いませんが、何となく最終的に実質40ポンド辺りに行きたいですね。40ポンドという数字に何の根拠もありませんが(笑)

 

 

 

 

 

 

 さて、次の話…

 

 

新たなる目標が定まりました。

 

 

 私は、今回、2つの大会に出場し、惨敗し、室内選手権大会への切符を逃しました。しかし、その選手権大会の来年度の選考記録会のひとつが、3月にあることが判明したのです。

 

 

 

 つまり、3月の記録会で結果を残すことが出来れば、次年度の室内選手権大会に出場することができるのです(たぶん)。

 

 

 

新たな目標を発表します。

 

 

 

 3月の記録会で530点を獲る!

 

 

 

  換言すれば、

 

 3ヶ月後に、

 今回の成績より、

 60点以上出せばいい。

 

 

 

  Ⅰエンド当たり6点アップ…

 

 

 うーむ… ……。

 

 

 いや、待て、待て、思い出せ…

 

 あのとき俺は、5本Мったんだ。しかも全て5点エリアだったんだ。この5本を新しいリムちゃんがその高い性能で、6点にしてくれれば、それだけでプラス30点。残りの30点分を、己の努力で稼げばいい。

 

 

 

 

 

すなわち、

2本で1点アップさせればいい

           と言うことですね。

 

 

 

 

  うん、出来る気がしてきた。

  よっしゃ、やる気出た。

 

 

 

 このチャンスを、活かしたいと思います。