アーチェリーに燃える親父のブログ

45歳で再び始めた男の紆余曲折悪戦苦闘日記

037 そして大会です。

 

 

 いよいよ大会の日。

 

 

 

 

 2時間以上も前に、会場入りをして、時間をかけて、念入りにストレッチしました。

 

 

 

 

 

 心配していた右肩の鋭い痛みはほぼありません。

痛み止め注射、偉大です。

 

 

 

 

  やれる。 今日こそ、やれる!

 

 

 

 高得点を叩き出したとき、誰に伝えようか…

 

 

 そんなことをニヤニヤ考えながら、ストレッチをいていたその時、

 

 

 

 

     ボキッ
 

 

 

 

またしても体にトラブルが…

 

 
 
 

 右肩甲骨右斜め下、突然激痛
 

 

 

 

 

 

 これはもう、絶対に、すぐ射つのを止めるレベルです。

 

 

 

 普段ならそうしています。

 

 

 

 しかし、今回の大会は、目標の達成がかかった大一番です。止めるわけにはいかんのです。

 

 男は前に進まねばならんのです。

 

 

 そう自らを鼓舞しながら、無理して出場しました。

 

 

 射つ度に、激痛が走ります。

我慢しました。歯を食いしばりました。

 

 

 点数が思うように伸びません。

 

 

 何回か、Мを叩いてしまいました。

 

 

 

 

 そんな状況でも、不思議と、途中棄権しようとか、そんな気は起きませんでした。最後まで前向きに戦うことができました。

 

 

 

 

 そして、気になる成績は…

 

 

 

 

  ちーん 
 

 

 

 

 

 

 

 こういう展開のときは、ドラマや映画、漫画や小説では、好成績を叩き出して、選手権への出場権を得、感動の涙でハッピーエンドとなるものだと思いませんか。

 

 

 

 私の場合、そうではありませんでした。

 

 

 

 

 うっ、うっ

 

 

 

 

 ボロッボロの前回よりは、点数は良かったですが、ぼろっぼろでした。530点どころか、500点にも満たなかったです(というか、もっともっと低い)。

 

 

 

 

 ふふふ、まだまだだな。

 

 

 

 

 

 

 

 あー、悔しい!
 

 

 

 

 

 負けたときの、この悔しさ、惨めさ、辛さ…

 

 

 

 懐しい(笑)

 

 

 

 

 

 こんな感情も含めて、実感しています…

 

戦いの場に帰って来れたんだ。

 

 

 

 

 心身ともに復活するには、少し時間がかかりそうです。

 この半年、頑張ってきて、本当に良かったな、と思います。

 

 

 

 

 

 だが、悔しい。 少し泣きました。

 

 

 

 

 

 

 次回、「再び立つ(予定)」、お楽しみに。