アーチェリーに燃える親父のブログ

45歳で再び始めた男の紆余曲折悪戦苦闘日記

036 大会報告 02

 今回、アーチェリーに復帰することを決めたとき、ある目標を掲げました。

 

 

 

それは…

 

 県の室内選手権大会への出場

 

 

 70Mより、18M。

 強風より、無風。

 144本より、60本。

 40ポンドより、30ポンド。

 30℃より、5℃より、15℃。

 凸凹地面より、平らな床面。

 スコープ確認より、目視確認。

 

 

 外での戦いより、クリアすべき要素がかなり少ないインドアを目標にしました。これは正解だったと思います。

 

 

 

 最低限の技術を身に着け、お金を払って参加申し込みをすれば、その目標は叶うのだと思っていました。

 

 

違いました。

 

 

 上記目標を発表した後、分かったことがありました。

 

 

 出場資格

  ・公認大会でいい点数を取ること。

  ・公認大会で記録の上位者となること。

 

 

 

 公認大会は11月から12月の間に5つ行われます。その中のどれかで出した最高点が判断基準となります。つまり、1回でもいいから飛び抜けた点数を叩き出すことが必要となるのです。

 

 

 

 

 当初の予想よりも重みのある目標となってしまいました。

 

 ま、登る山は高い方がいい。

 

 

 

 あの日から半年が経ちました。

 

 

 故障に次ぐ故障に苦しみながらの半年でした。

 

 

 

 

 私は県の選手権大会への出場をかけた5つの公認記録会のうち2つにエントリーしました。

 

 

 

 

 

 約20年振りとなった初戦は、緊張とクリッカーにやられ、ちーん、な結果でした。

 

 

 今回の記録会が、目標達成となるかどうかの大一番なのです。

 

 

 

 

 なのに、ここで、またもや故障

 

 

 前回の記録会で、クリッカーがなかなか落ちず、苦しんだ結果、右肩の鋭い痛みが再発したのです。しかも大変な激痛となって表れたのです。

 

 

 一週間ほど肩を休めた後、短めの練習をしました。調子はかなり良かったです。6射すれば、5本は金に入りました。3射の内、1射は10金でした。

 

 

 

 しかし、肩に鋭い痛みが出て、40射前後で帰りました。

 

 

 

 翌日、激痛が襲ってきました。この痛み、さほど和らがずに、現在まで続いています。ゴム引きですら痛くてできません。とういことで、この3週間ほとんど練習できませんでした。

 

 

 

 出場を強行すれば、悲惨な点数となり、肩がしばらくアウトになることは、容易に想像できます。

 

 しかし、もしも、もしかしたら、肩さえ持てば、目標としている530点を出すことができるかもしれない、そう思いました。

 

 

 

 大会前日、整形外科に飛び込み、

 

 肩に痛み止め注射。

 

 当然、注射の前には、診察、レントゲン、MRI検査が、必要です。

 

 

   6 9 0 0 円

 

 

 その金額、痛かったです。

肩も痛いし、財布にも痛いのです。

しかし、結果として、好成績が挙げられるのなら…、

と、無理しました。

 

 

 

 そんなこんなで、この3週間はほとんど練習できませんでした。

 

 特にラスト1週間は、引くことが全く出来ませんでした、ゴム引きでさえも。

 

 

 

 

 

 そして、決戦の日を迎えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ちーん

 

 

 

 

 

 こういう展開のときは、大抵、好成績を叩き出して、選手権への出場権を得るものだと思います。しかし、私の場合、現実はそう甘くはありませんでした。

 

 

 うっ。

 

 

 ボロッボロの前回よりは、点数は良かったですが、ぼろっぼろでした。530点どころか、500点にも満たなかったです。

 

 

 

 ふふふ、まだまだだな。

 

 

 

 

 

 

 

 あー、悔しい!

 

 

 

 

 

 負けたときの、この悔しさ、惨めさ、辛さ…

 

 

 懐しい(笑)

 

 

 

 こんな感情も含めて、実感しています…

 

 戦いの場に帰って来れたんだ、と。

 

 

 

 

 心身ともに復活するには、少し時間がかかりそうです。

 この半年、頑張ってきて、本当に良かったな、と思います。

 

 

 

 次回、「再び立つ」、お楽しみに。