アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

032 出逢いの季節

(前回から続く)

 

 見た目最高の、碧い色した頼もしい奴(HOYT Epik)に心奪われるも、私たちの間には、重量とグリップ形状という二つの大きな壁があったのです。

 

 見た目とファーストインパクトを重視するのが本来の私ですが、結婚相手選びに失敗した経験を生かし、見た目も大事だが、中身をより重視して選ぶことにしました。




つまり…




◆ 選考基準



  ①重量が軽い。

  ②グリップの形状がニシザワに近い。

  ③④がなくて、⑤は見た目。




そして…



大人の男の「一生もの」なのだから、中途半端ではなく満足できるものを追求することとしたのです。





◇ 選考結果

  


 今回の選考会はとにかく迷いに迷いました。



 なので… 迷ったときはこれ(?)

 


 f:id:archery2017:20171123084145j:plain



 ほほー…




f:id:archery2017:20171123084326j:plain


基準①……完璧クリア







 …グリップは?


 


 実は、かなり前に、発注をミスってしまい、下の写真のグリップをたまたま持っていました(笑)


f:id:archery2017:20171123084950j:plain




しかし、このグリップは、

感触、感覚がとても嬉しいものでした。

かつて使っていたグリップに形状が似ていたからだと思います。


なので、返品せず、手元に残していたのです。




おや?


このグリップって、CXTでも使えるんだ!




基準②……完璧クリア







最後に、見た目の話




性能は置いといて、単純に見た目だけでの検討です。




あっ、ちなみにメーカーはWに決定です。


 ヤマハもニシザワもないですし、HOYTは重く、グリップも合いませんでした。マイナーなものに引き寄せられる私ですが、今回は今後のことを考え、2大メーカー(HOYTとW)から選ぶことにしていました。





 シルエット的には…



 デザイン的には…



 色的には…





納得できたのがこれでした。


f:id:archery2017:20171123091528j:plain






よって CXTに決定しました!




(GMXの明るい青が、見た目はダントツで最高なんですが……)