アーチェリーに燃える親父のブログ

45歳で再び始めた男の紆余曲折悪戦苦闘日記

029 寒くなりました。

 朝は一桁気温の寒い季節になりました。肩や腰に走る痛みに悩まされる私にとってはとても辛いことです。

 

 寒い日は たった一射で 怪我をする

 

 大学時代、気温が低い朝に、個人練習に行ったときのこと。面倒臭がってストレッチせずにシューティングラインへ。そして……

 

 カチッ ビュン  うっっ!

 

 その一射でその日の練習は終えるしかありませんでした。そしてまさかの、一週間続いた練習不可状態となったのです。

 

 それ以降、射つ前は必ずストレッチを欠かさぬようになりました。

 

 そして、寒い日は壊しやすいので要注意なのです。整骨院の先生にも身体を温めた状態でやるように諭されました。

 

 

 だが、寒いもんは寒いのです。

 

 

 どうすれば、暖かくなるのか。屋外では射てない。体育館は週3使えるが、一回の練習にかかる金額が馬鹿にならないのです。痛いのです。

 

   390円(利用料)

   120円(練習中のジュース)

   100円(帰宅時のセブンのコーヒー)

   

 

 近射場(車庫)は寒い。暖房器具を使ったとしてもかなり寒いだろう。温かい格好しても、マイナス気温ではお手上げである。なんぼ暖かくしても、指は露出せねばならないし、それはバネ指の私にとってはあり得ない話なのです。

 

 

 

 暖かくして練習する。

  ↓ (コペルニクス的転回)

 暖かい所で練習する。

 

 

 

 

そして…
f:id:archery2017:20171104094418j:image

 

つまり…
f:id:archery2017:20171104094444j:image

 

 部屋の戸を開けると、そこは弓景色

 

 

 

 家族が寝る時間までは、射ち放題です。

ハッハッハ 笑いが止まらん…… 

 

 かなりの無理をして一戸建てを建てた甲斐

がありました。

 

 

 

 翌日、ポストにあったのは、固定資産税の

督促状。差し押さえるぞ、と呪いの言葉。

 

 

 ちーん

 

 

 

 かなりの無理をして一戸建てを建てたつけ

が来ました(笑)

 

 

 

 ま、それも人生…