アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

027 喜びと絶望とリム


 腰と肩の状態が良くなってきて、アーチェリーが「ちょびっと」解禁となりました。 

 

 射てるって、気持ちいいー

 

 

 しかし、

 

 

 全然当たらんのです。意味が分からんほどに当たらんのです。

 


f:id:archery2017:20171029085344j:image

 写真は30m。的は50ー30のもの。

上は今回の様子。

 


f:id:archery2017:20171029094516j:image
f:id:archery2017:20171029094557j:image
 ちなみに、これは怪我をする前の、この日の

特によかったやつ。

1枚目は30m、2枚目は50mです。

的は上と同じ50ー30のもの。

 

 

 休眠療養中、セッティングを丁寧にひとつずつやっていたので、ビシビシ当たるのだろうと思っていただけに、これは驚きました。そしてガッツリ凹みました。

 

 

 サイトが取れない…

 

 

 ベアシャフトでチューニング?

 

 

 できるわけがない。

 グルーピングしていないのですから(涙)


f:id:archery2017:20171029085709j:image

 

  射ち始めはあんなに興奮したのに…

 

 暗い中で射ち、暗い気持で復活初日が終わりました。

 

 

 …ちーん

 

 

 

 

 

 翌日、リムが届きました。

 

 この5日前、何気なくヤフオクを眺めていたら、リムが出品されていました。HOYTの720です。34ポンドです。

 

 ちなみに私は矢尺が長めなので、表示より2ポンド強くなります。これは計算でもそうなり、測りで計測してもそうなります。

 

 今のリムは表示28ポンド(実質30ポンド)です。最終的には、表示38ポンド(実質40ポンド)を目指しています。40あれば、ACE使用で、70mが問題なく射てるだろうと思うのです。また一方でそれ以上、強くすると、肩が持たないのではないかとも思うのです。

 

 28ポンド → 33ポンド → 38ポンド

 

 これでいこうと決めていました。33ポンドはないので32か34で、のんびりと探していました。今、使用しているのは、28です。オンラインショップから購入した一番安いウッドグラスリム(12000円)でした。

 

 

  原則……リムは新品を買う。

 

 

 ハンドルはいいのですが、リムは中古だと状態が分からないですし、使用した日数と回数が不明なので、手を出してはいけないのです。

 

 しかし……

 

 ある日のことでした。練習をしに体育館へ行ったときに、HOYTの中で1番高くて、評判がとても良く、トップ選手も多く使っているカーボンリムのクアトロを引かせてもらいました。

 

 

 ……?!  

 

 なんだ、ドローイングのときのこの感触、この引き心地は…。

 

 

 そして、射つ

 

 

 ビュン!

 

 

 速い。リムの返りが速すぎる。ポンドの違いだけではないのは、私でも分かりました。そして、矢速がとても速いのです。今のカーボンのリムは、大学のとき(20年前)のリムとは比にならないくらい返りが速い、とは聞いていましたが、これほどとは…

 

 

  … 欲しい

 

 

 欲望が湧いてきました。

 

 

 お金がないですし、38へのつなぎだから中古でもいいか…と思い始めました。そんなときに、ヤフオクでちょうど良さげなのを発見し、クリックしたのでした。

 

 

 

 リムが届いたこの日、早速、近射をしに行きました。ニヤニヤしながら…

 

 
f:id:archery2017:20171102231938j:image
 

 返りの速さと切れの良さに感動……

 

 

 しかし、34ポンドは私の肩には、まだ早かったですね。これは来年の課題にしましょう。