アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

019 サイトピンはとても大事です。

今宵は、サイトピンについて述べてみたい。

 

サイトピンはとても大事……

大学時代、そんな思いが実感としてあった。

サイトピンを変えただけで、射が変わり、点が変わりました。


f:id:archery2017:20170909214340j:image

 元々、どぉってことのないピンを使っていました。

 

 

 どうしても狙い過ぎている。

 クリッカーが落ちない。

 引き手の肘が前に出ちまう。

 リリースの瞬間、顔が前に動いてしまう。

 射った矢を目で追ってしまう。

 

 試行錯誤の練習の日々。

ある日、ふとこんな思いがよぎったのです。

 

 

  そもそもサイトポッチって必要か?

   

 註)サイトポッチ…サイトピンの真ん中のポッチのこと

 

 

 そんなある日のこと、こんな言葉を知ったのです。

 

  リングサイト

 

 即断即決即実行の私は、善は急げで、すぐさまポッチをむしり取ったのです、ピンセットで。意外にもあっさり取れました。何だか、高いくせに随分とちゃっちーなーと思ったことを未だに覚えています(笑)

 

 何だか、これ、いいかもー

と喜んで使っていると不具合が…

日差しの関係で、リングが良く見えなくなることが度々ありました。リングの中と外の境目がわかりづらくなるのです。

 

 何かいいけど、試合じゃ使えないな。

 

 そんなある日のことでした。太いリングを使う奴を見かけたのです。脳みそフル回転で考え、試し、いじって…。そうしてたどり着いたのが、

 

 スペンサー

 

 スペンサーとは、当時ニシザワの弓に装備されてた、ハンドルとリムの間に挟むワッシャーのようなもの。これを挟むとポンドが変わるのです。
f:id:archery2017:20170909221624j:image

これが、当時使っていた、どぉってことのない私のサイトリングにピッタリ合うのです。
f:id:archery2017:20170909222027j:image

 

使ってみて…

 一点でピッタリ合わせるのではなく、だいたいで合わせることにより、狙い込みすぎるデメリットを克服することができました。その上、周りの光や景色をスペンサーが消してくれるので、エイミングに集中しやすくなりました。(個人の感想です)

 

 いいことだらけ!

 

 しかし、ある本にはこんな記述が… 

 

 リングサイトは、エイムオフが難しくなるので、風が吹いてる日は大きなデメリットとなる。

 

 それは疑問です。

 

 そんなことはありません。慣れです。普段からやっていればできます。その証拠に、私は強い風の吹く大会では、周りが大外しを連発する中で、点数がさほど下がらず、その結果、好成績を収めていました。勝ったり、大活躍した試合は全て悪天候でした。

 

 リングサイトでもエイムオフは大丈夫!

 

 

 

 アーチェリーを始めるに当たり、サイトを新調しました。サイトピンは昔憧れていた光ファイバー。使ってみたかったんです。うまい人っぽいし…。取り付けてみると、これがくっきりよく見える。レーザー光線みたい。

 

 

 練習していると課題がいっぱい…

 

 どうしても狙い過ぎている。

 クリッカーが落ちない。

 引き手の肘が前に出ちまう。

 リリースの瞬間、顔が前に動いてしまう。

 射った矢を目で追ってしまう。

 

 

 光ファイバーだから狙いこみすぎてるんじゃない?

 

 そんなアドバイスに、我に帰りました。

 そうだった……、ウケる。

 

 愚かにも大学時代に学んだことをきれいさっぱり忘れていたのです(笑)

 

ということで、

光ファイバーは封印。

あちぇ屋に発注。

そして、これ…。


f:id:archery2017:20170909225506j:image

 

とても良い。課題克服、大満足。


f:id:archery2017:20170909225900j:image

PS

 サイトにダンパーとは衝撃でした…

 宇宙ステーションに宇宙船がドッキング…