アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

017 スタンスについて考えました①

 この一週間、スタンスについて考えました。

 

 高校時代は、ストレートスタンスでした。本を見たらそれが「普通」みたいに書かれていたのでね。当時、オープンとクローズがあるのは本を見て知ってはいましたが、どうしてそうするのが良いかということは知りませんでしたし、さほど興味がありませんでした。別に立ち方なんてどうでもいいしょ、と当時思っていました。

 

 

= 閑話休題 高校時代の思い出話 =

 

 

<アーチェリーについての無知ぶり①>

    ← 高校時代読んでいた本。

 当時、私たちのアーチェリーについての知識は、図書室にあったこの一冊の本が全てでした。ここに書かれていないことは分からないし、そもそも書かれていてもよく分からないし…。この小さな本をみんなで何度も読みましたが、分かったような分からないような…。理解できたことは、クロマニヨン人が洞窟にアーチェリーの絵を描いていた、とか、矢の初速は新幹線と同じくらい、とか、フライング競技では800mも飛ぶ、とか、俺の弓でも45度で射てば250m以上飛ぶ、とか、そんなことくらいでした。

 

 ちなみに正しいノッキングポイントの作り方を知ったのは大学で洋弓部に入部したとき。

   くるくるくるくるきゅひゅひゅひゅひゅひゅ……

 ノッキングポイントが出来上がる様子に驚きました。あの本の解読できなかった解説図でしか見たことのないノッキングポイントが目の前で作られていく…。本当に感動しました。「ノッキングポイントを作る様子を見て感動しました選手権大会」では、確実にメダルを手にしたことでしょう。

   経験のある先輩も顧問もいないが故の恐ろしい世界・・・

 今のようにネットもなく、動画という概念もない時代のお話でした(VHS=ベータ戦争時代)。

 

  教訓 分からない奴は知らない奴より感動できる。

 

 

 

 さて、話を戻しますか・・・。 うーん。うーむ。 

眠いので、続きは次回にしますね。