アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

015 身体は衰えていました。

 中高年の運動は大変です。軽いジョギングのようなちょっとした運動であっても中高年が継続的に行うのは非常に難しいですよね。ジョギングやサイクリングをしているオヤジたちは増えているかもしれません。しかし、大して運動していないオジサン達の方がよっぽど多いようです。

 私もそんなんでした。

 

 食べたいもの食べたらいいじゃん。疲れた日は運動しなくてもいいじゃん。遅くまで仕事だったんだから夜中の食事は仕方ないじゃん。疲れてるときはゴロゴロしてていいじゃん。疲労回復のためだしね。

 

 でぶ野郎 言い訳ばかりが うまくなる

 

しかも

「俺、メタボなんだよなー」と言うことに恥ずかしさを感じるどころか、ちょっと得意気に言う始末。

 アホですねー、自分から不健康世界へダイビングマンです。 

 

 自然と本能に身を委ね過ぎている多くの中年オヤジは、身体のあらゆるところに脂を蓄え、身体の動きも血液の流れも悪くします。柔軟性、弾力性、筋力が落ちまくり、劣化していきます。元気に運動していた昔とは全く異なる使えない身体となっているものです。

 えー、私もそんなもんです。

 

 その辺のことを十分承知した上でアーチェリーを始めました。身体を壊さぬよう気をつけていました。すぐには射たず、ストレッチとゴム引き、そして10ポンドの竹の弓で繰り返し時間をかけて、段階的に少しずつやってきました。リムも軽いのを用意しました。距離を射ったり、点を取ったりせずに、黙々と近射ばかりしてました。

 

  が

 

 それだけでもオーバーワークだったようです。イメージよりだいぶ劣化していたんですね。

 

 はー(ため息)

 

  そんな私を襲っていた見えない恐怖

  …靭帯、腱、筋肉の老化…
f:id:archery2017:20170820203110j:image

  健康な身体を不健康に自分でしてるのはやばい。

 老化のペースを自分から上げてるのはまずい。

 

  そう思いません?

 

 職場の健康診断が先日ありました。メタボ検診に大きく引っかかった私に問診のドクターは、紙に書いて、優しく諭してくれました。
f:id:archery2017:20170820204529j:image

 このまんまの身体じゃ、ほんま、アーチェリーなんかでっきやせんて。そんなん、アカンやろ。どないするんや。

 

「肉体改造作戦2017夏」を開始!

 ① 柔軟性を高める

 ② 体幹を鍛える

 ③ 明るく元気に笑うこと
f:id:archery2017:20170820210018j:image

 

 具体的な数値目標は後日発表します。