アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

009 アーチャーの証

 グリーンバッジ。体育館でひとりで練習する場合、必要となるもの。大会に出場する場合、必要となるもの。一度取ればずっと有効…な筈のもの。

 
f:id:archery2017:20170804000439j:image

 

私「体育館で一人で練習するとき、必要なことって何かありますか?」

協会の人「うん、グリーンバッジ」

私「持ってますよ。小さいけれど(笑)」

f:id:archery2017:20170804000507j:image

 …私、現在グリーンバッジが大きくなり、デザインも変わったことを知っておりました(フフフ)。

 

私「大きいのって、必要ですか?」

協会の人「うん」

 

 実は、新しいグリーンバッジには裏に登録番号(?)が刻まれてることはネットで調べて知ってました。なので、新しいバッジは必要となるのではないかと予想してました。しかし、旧式バッジが有効か無効かは不明でした。

 つまり、

 旧式バッジを持っていれば、新バッジと交換となるのか、お金を払って新しいものと交換になるのか、全く新たに入手し直さなければいけないのかが分からなかったのです。

 とはいうものの、さほど気にしてませんでした。申請するだけでいいのかな…と。


 っていうか、そもそもグリーンバッジなんて、……の……で、別に……ないし、……が……いじゃん。

 という程度のものでした。


 


 グリーンバッジとは何たるか!



 It's the akashi of ARCHERs .



 そうです、数日前、私は、衝撃の事実を知ることとなったのです。!


f:id:archery2017:20170804125032j:plain

(LINE漫画 アーチェリーボーイより)


 そう、グリーンバッジは「アーチャーの証」だったのです。認識不足でした。浅はかでした。深く考えたことはなかったのですが、確かにそうかもしれません。ごめんね〜。


 グリーンバッジをこれまで軽んじていて、申し訳ございませんでした。今後は、グリーンバッジを大切にし、グリーンバッジを誇りにします。



そして…


  30m36射で200点。



 昨日、取りあえず、突然、チャレンジすることにしました。矢を射ち初めてようやく一ヶ月。近射ばかりです。ちょびっとだけ15mを射ったことはありますが、酷過ぎてすぐ止めました。的に当たるイメージがまだ全然できていませんが、


…俺ほどの男、いきなりやってもできるはず


 という全く根拠のない確信のもと、挑みました。



 30mは長かったです。的がよく見えなかったですね。困りました(笑)

 そして、点取りの36射は時間がとても長く感じました。一射一射の点数に一喜一憂するという、絶対やってはいけない射を36回繰り返しました(笑)

 f:id:archery2017:20170804190908j:plain

 200点でいいのに90点も取り過ぎました(ハッハッハッ)。

 これで私も「ARCHER's  akashi」を手にすることができるのです(フフふふふ)。





 ちなみに私が200点台を射つのは、今回が最後となることでしょう。次回からは300点を普通に超えていく筈です。




PS これがさっきのそれ

f:id:archery2017:20170804192059j:plain

《レビュー》

 アーチェリーの漫画と言うことで、私、期待して読みました(無料だし)。

 ……で……な展開が……でとても……だったりして……でした。一気に最後まで読みました。

 時間は大切にすべきだと思いました。