アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

005 努力できることに感謝してます。

 高校時代(実質2年2ヶ月)、とにかくうまくなりたかった、全国大会(国体、インターハイ)の出場を目指した。

 大学時代(実質2年半)、団体戦のメンバーになりたかった、全国大会(国体、インカレ)の出場を目指した。

 社会人(実質2年間)、全国大会(国体、SA)の出場を目指した。
f:id:archery2017:20170727112841j:image

 情熱を燃やし、特に学生時代は青春のすべてを注いだと言っても過言ではないだろう。高校時代、地域の小さな大会なら勝てるようになった。大学時代、団体戦メンバーとして活躍できた。関東個人戦では3年連続で本選に進出できた。社会人では、SA(2部)で勝てた。そこそこの活躍はでき、勝つ喜びも十分得た。大学時代の引退試合となった個人戦本選では最終射30金で終え、やり切ったと誇らしげに思った。

 全国大会出場は一度も成し遂げることはできなかったが…。

 

 アーチェリーを再び始めた。競技がしたくなったのだ。大会に出場し、あの空気を吸いたくなったのだ。本気の集中力を発揮したくなったのだ。

 

  目標 半年後のインドアの大会への出場

 

 具体的には、目標を2月の地域のインドア選手権大会への出場とした。選手としてシューティングラインに立ち、72本射ち切ることが目標だ。


 ゴム引きしたり、竹弓引いたり、目標に向かっての努力を少しずつ始めた。すると学生時代には全くなかった感覚が起きた。

 

 射つこと自体が、とても楽しい、とても嬉しいのだ。社会人となり仕事は激務で時間はなく、できた時間は家族サービス(これは満足)と家事で終わる。それが、今は自分のために射ができる。時間はわずかだが、とても素敵な時間だ。心から射てることに感謝の念が湧いてくる。

 

 目標に向かっての努力を素直に楽しめる自分がいる。

 

 シューティングラインで斜め60度に顔を上げ、「ありがとう」と心の中でつぶやき、そして微笑む。体中を清流が流れ、そして澄む。

 
f:id:archery2017:20170727113904j:image

 練習が終わる時間が来ると、もっとこの時間を過ごしていたい…という思いに後ろ髪を引かれる。学生時代にはなかったこの感じ、これからも大事にしていきたい。ありがとうをつぶやき、微笑んでいきたい。