アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

003 弓を使ってゴム引きをする

 六月上旬の話…


 竹の弓の導入以降も、継続してやっていたただのゴム引き。日々続けていたら、段々といい感じに…。何だかうまいげな雰囲気が醸し出されてきた気が。フフフ。

 

 次の段階へステップアップ…

        → ゴム引きハイパー!

 

 射形を更に良くすることと押手の肩を強化することをねらい、弓を使ったゴム引き練習を開始した。まー、最大の効果は、アーチェリーをやった気になって、盛り上がる!ということですな。

 

■ゴム引きハイパー(弓を使ったゴム引き練習)の正しいやり方

 用意するもの

  ①セラバンド(強度5)

  ②弓(リム以外フル装備)

 手順

  ①裸

  ②弓を持つ

  ③ボウスリングかフィンガーをつける

  ④ゴムの端を前足で踏む。

  ⑤ゴムの中ほどをグリップにかける

   (握り込んでもいい)

  ⑥ゴムの端を後ろの手で握る

  ⑦実際の矢を射る動作を行う。

   (フォロースルーまでしっかりと)

f:id:archery2017:20170723014609j:plain

 留意点

  ・筋肉の動きなどを確認するため、

   裸になって鏡の前に立つこと。

  ・誤解を避けるため、目立たないように行う。

f:id:archery2017:20170723021019j:plain

 はい、私、毎日、朝晩30分以上はやりました。残念なことは、大きな鏡が居間とダイニングとキッチンが接する中央付近にあったということです。あまりにも目立ち過ぎました。しかし、一週間もすると、裸で鏡の前に立つ男に家族は何も言わなくなりました。

 

【教訓】 裸であっても継続は力なり