アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

001 夢が見たくなった

f:id:archery2017:20170721160454j:plain 
今日は平成29年7月21日。話は5月に遡る。


 45歳男。

 働き盛りで仕事は忙しく、責任も重い。愛する子供は反抗期。白髪は増加、貯金は減少。まさかの中年太りが進行中。好きな趣味は時々楽しみ、自己満足。

 そんな日々の中、沸々と湧いてきたある思い。ドンドン大きくなっていきました。






  戦いたい

   本気になって、勝負がしたい。

   もう一度、全力で挑みたい。



 


 学生時代、私は大して強くはありませんでした。威張れる思い出は沢山ありますが、威張れるタイトルはありません。インターハイもインカレも国体も目指しましたが、出場したことは一度もありません。ま、そんな程度です。認めたくはありませんが、どぉってことはありません(涙)。



だが、しかーし!!



 アーチェリーに情熱を燃やし、練習を重ね、試合に挑み、勝利歓喜し、敗北に泣いた、そんなかけがえのない日々がありました。

f:id:archery2017:20170809222648j:plain
 
 夢に挑み続けた私の熱き青春でした。





 2017年5月28日、ある事件が契機となり、再び青春の舞台に上がることを決意します。


  翌日、鏡の前に立つ。

  六月、引き始める。

  七月、射ち始める。



 そんな親父の青春日記が開幕です。