アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

025 大会の受付が始まりました。

 えー、私、故障続きの身体を持つ男です。

 

 右肩関節、左肩関節、弓を引くと痛いです。

 

 引手中指、弓を引くと痛いです。ばね指です。

 指先のしびれが強くなれば手術です。 

 

 腰、痛くて、牛の歩みです。

 椎間板ヘルニアです。悪化したら手術です。

 

 牛の歩みの歩行速度ですが、車椅子に乗れば…

 ……おや? 全然遅い?!

 

 タイヤパンクしてました(笑)

 

 超有名観光地で仕事がありました。

 オネーサンに勧められるままに、車椅子に乗りました。

 ……遅い! まさか?

 

 タイヤパンクしてました(笑笑)

 

 

 そんなこんなで、練習らしいことはほぼしてないのに、やってくるのが、申し込み。

 

 出場料3500円。

 

 うーむ、治っているのか、いないのか…

 かなりグレーで、かなりブルー…

 

 

 

 

 てれれってってれ〜!

 救世主出現!!

 

 

 三軒目の整骨院。 気合いたっぷりの熱い男。

 三度目の正直となるのか、

 二度あることは三度あるになるのか……

 

 期待しております。

 よろしくお願いします。

 明日も朝イチで行って参ります。

 

 

 あーーー、射ちてーなー!

 

 

 

 

024 それってそういうことでした

 腰が痛く、ほぼ毎日、整骨院に通っていたものの一向に良くならない私は、9日前に院長先生にこう言われたのです。(詳しくは022参照)



MRIを撮ったらいいですよ、すぐにでも」


  それって、そういうことですか?


「はい、可能性はかなりあると思います」



 

 認めたくない
そんなこと、俺は認めないぞー!



f:id:archery2017:20170930200532j:plain

 認めたくないので、別の整骨院へ行きました。
 そして、翌日、更にその翌日…



 うう、良くなってない……


 歩くこともままならず、
 歩行速度は、
 よく言えば、赤ちゃんのハイハイ並み、
 悪く言えば、全力疾走するゾウガメ並み
 激痛で、満足に寝ることもできない
 当然、車の運転もできやしない



 事ここに及んで、通院を決意。
手術を見据え、規模の大きな整形外科へ行きました。





 レントゲンを撮影し、診察室へ。

「軽度の椎間板ヘルニア症だね」

 
 やはり…、……ね(涙)



 

MRIの予約しますか?」


  えー、うーん、また今度…



 翌日、症状は更に悪化。

 歩行速度が遅過ぎで、職場では、なんと…



  車イス




 昨日は、仕事を1時間早く早退し、病院へ。

 バス停までは徒歩5分。

 歩行速度を考慮して、15分も前に出発。

 バスは5分遅れで来ました。

 






  …乗り遅れました。


  ちーん

023 スタンスについて考えた②

 以前、スタンスについて書こうとしたことがありました(017)。しかし、そのときは話がそれ、スタンスの話はほぼなく、ほぼほぼノッキングポイントの話となってしまいました(笑)

 

 と言うことで、今日は、スタンス話をしたいと思います。この1ヶ月間の私の中の重要テーマベスト3のひとつなのです。

 

 

 

■高校時代は、ストレートスタンス

 

 高校時代は、ストレートスタンスでした。本を見たらそれが「普通」みたいに書かれていたのでね。当時、オープンとクローズがあるのは本を見て知ってはいましたが、どうしてそうするのが良いかということは知りませんでしたし、さほど興味がありませんでした。別に立ち方なんてどうでもいい、アーチェリーに大事なのは「情熱と強い意志と集中力」と当時思っていました。

 

 まー、それも大事です(笑)

 

 

【高校時代のまとめ】

・何ら疑問も関心もないままストレートスタンス。

・メリットやデメリットには考えが及ばず。

 

 

 

 

■大学時代はオープンスタンス

 

 大学生になり、強豪校(関東リーグ1部校。1部の真ん中くらい)へ入学しました。というか、やりたい学問があり、それを学べる学校へ入学したのでした。

 

 

ふふっ♪

 

 ナンパなサークルに入り、テヘテヘした明るい世界を楽しもうかと思っていました。

 

 

 

 しかし、

 

 

 気付くと、ヘロヘロ・テヘテヘではなく、オラオラ・ヨッシャーの暑苦しく汗臭い世界へ、自ら喜んで入っていたのです。

 

 アーチェリーは高校で引退したはずでした…

 

 まー、そんなこんなで、入部したらたまたま伝統のある強豪校だった…ということでした。

 

 

 さて、スタンスの話です。

 

 大学の部活では、基本的な色んなことを学びました。当然、スタンスについても…。

 

  ストレートスタンスのメリットは、

  的方向に対して…

 

  オープンスタンスのメリットは、

  矢筋が通し…

 

 

 そして、私は、オープンスタンスを選択したのです。その理由は…

 

 

  見た目が、かっこいい

 

 

 先輩から色々教わったことは何ひとつ反映されることはなく、結局、見た目だけで選んでしまいました。

 

 えー、わたくし、まー、そんな人間です。

 何か?(笑)

 

 

 

 【大学時代のまとめ】

・見た目だけでオープンを選択。

・メリットやデメリットには考えが及ばず。

 

 

 

 さて、45歳の私、何を選択したのか……

 (スタンスについて考えた③ へ続く)

 

 

022 それって、そういうこと?

 引くと肩に痛みが走るのです。

 押手も引手も。

 

 ビクビクしながらのドローイング、

 歯を食いしばってのリリース、

 ちょっと後悔のフォロースルー…

 

 

 そんな生活が嫌になり、整骨院へ通い始めました。とにかく、ビクビクしないで、ケラケラしたいと願うのです。

 

 

 

 そんなある日、今度は腰が痛くなってきたのです。徐々に強く、そして確実に。

 

 すぐに治して(直して)、練習を本格化させることを狙い、私は毎日通いました。どんなに仕事でくたびれていても「明日の練習のため」とハッパをかけて通いました。

 

 そんなひたむきな私を、腰痛は容赦なく、襲い続けたのです。

 

 

 車の運転 もちろんできず、

 助手席 乗ること ままならず、

 落し物には 気付かぬふりで、

 靴下履くのも 勇気が必要 …

 

 

 昨日、激痛で歩くのもままならぬ私に、信頼している整骨院の院長先生はこう言いました…

 

  MRIを撮ったらいいですよ、すぐにでも。

 

 腰痛プロの私は、それが何を意味するのかすぐにピンときました。

 

  

 まさか、それって、そういうことですか?

 

 

 恐る恐る問う私に、彼はゆっくりと言うのです。

 

 

  はい、可能性はかなりあると思います。

 

 

 「そういうこと」としか言っていないのに会話が成立する恐怖。整骨院の先生が、整形外科を勧めるなんて……

 

 今夜は忙しくて通院、無理…

 明日は祝日でやっぱり無理…

 明後日は日曜でもちろん無理…

 

 

 何にもしなくても、勝手に治っていたら

 

 素敵だなー

 

 

 

021 自由研究②

 自由研究ということで、弓の制作に情熱を燃やした夏休み(014参照)。ハンドルまで出来上がった弓のその後について質問が多くありました。

 …で、どうなった?

f:id:archery2017:20170916205841j:plain
 線を引いて…f:id:archery2017:20170916210020j:plain
 切って、サキっちょ整えて…
f:id:archery2017:20170916210121j:plain
 ボール盤で穴あけて、
 ワッシャーとバネかませて、ボルト締め…


 最後に、買ったばかりのダクロン弦を張って…




 ん、んん…   バキっ



f:id:archery2017:20170916210535j:plain
f:id:archery2017:20170916210607j:plain




 
 ちーん





 かなり熱中して作っていました。
 作ること自体、楽しかったです。

 なので…

 ま、いっかー(笑)


 弓の構造はシンプルな方が、いいようだ。
 女と一緒だ。

020 快晴は快感です。

 果てーしーないー

 おおーぞらーとー

 ひろーいだーいちーのー

 そのーなかーでー

 いつーのー日かー

 しあーわせーをー

 じぶーんのーうでーでー

 つかーむーよぉー

     大空と大地の中で 松山千春


f:id:archery2017:20170916200950j:image

 

 

 快晴のなかでの アーチェリーは 最高!!

 

 そんなこと、学生時代は感じたことはありませんでした。

 

 失って初めて知りました……

 あれは贅沢な時間だったと

 

 仕事に時間を費やし、家族に愛と時間を注ぐ…

そんな親父に残された自由な時間はごく僅か。

仕事が休みで、家族と時間を共にしなくても良い時間。そんな希少な時間がもし昼間だったら最高です。ましてや、天気が快晴なんて、この上ない幸せであります。

 

 地上の楽園 至福のひととき 極上の快感

 
f:id:archery2017:20170916204714j:image

金にぶち込めなくても、気持ちいいー

ああー、気持ちいいー

 

明日も天気になってくれー!

と心より願っております。

 

 もっと、極上の快感が欲しい! あーー

 

 

019 サイトピンはとても大事です。

今宵は、サイトピンについて述べてみたい。

 

サイトピンはとても大事……

大学時代、そんな思いが実感としてあった。

サイトピンを変えただけで、射が変わり、点が変わりました。


f:id:archery2017:20170909214340j:image

 元々、どぉってことのないピンを使っていました。

 

 

 どうしても狙い過ぎている。

 クリッカーが落ちない。

 引き手の肘が前に出ちまう。

 リリースの瞬間、顔が前に動いてしまう。

 射った矢を目で追ってしまう。

 

 試行錯誤の練習の日々。

ある日、ふとこんな思いがよぎったのです。

 

 

  そもそもサイトポッチって必要か?

   

 註)サイトポッチ…サイトピンの真ん中のポッチのこと

 

 

 そんなある日のこと、こんな言葉を知ったのです。

 

  リングサイト

 

 即断即決即実行の私は、善は急げで、すぐさまポッチをむしり取ったのです、ピンセットで。意外にもあっさり取れました。何だか、高いくせに随分とちゃっちーなーと思ったことを未だに覚えています(笑)

 

 何だか、これ、いいかもー

と喜んで使っていると不具合が…

日差しの関係で、リングが良く見えなくなることが度々ありました。リングの中と外の境目がわかりづらくなるのです。

 

 何かいいけど、試合じゃ使えないな。

 

 そんなある日のことでした。太いリングを使う奴を見かけたのです。脳みそフル回転で考え、試し、いじって…。そうしてたどり着いたのが、

 

 スペンサー

 

 スペンサーとは、当時ニシザワの弓に装備されてた、ハンドルとリムの間に挟むワッシャーのようなもの。これを挟むとポンドが変わるのです。
f:id:archery2017:20170909221624j:image

これが、当時使っていた、どぉってことのない私のサイトリングにピッタリ合うのです。
f:id:archery2017:20170909222027j:image

 

使ってみて…

 一点でピッタリ合わせるのではなく、だいたいで合わせることにより、狙い込みすぎるデメリットを克服することができました。その上、周りの光や景色をスペンサーが消してくれるので、エイミングに集中しやすくなりました。(個人の感想です)

 

 いいことだらけ!

 

 しかし、ある本にはこんな記述が… 

 

 リングサイトは、エイムオフが難しくなるので、風が吹いてる日は大きなデメリットとなる。

 

 それは疑問です。

 

 そんなことはありません。慣れです。普段からやっていればできます。その証拠に、私は強い風の吹く大会では、周りが大外しを連発する中で、点数がさほど下がらず、その結果、好成績を収めていました。勝ったり、大活躍した試合は全て悪天候でした。

 

 リングサイトでもエイムオフは大丈夫!

 

 

 

 アーチェリーを始めるに当たり、サイトを新調しました。サイトピンは昔憧れていた光ファイバー。使ってみたかったんです。うまい人っぽいし…。取り付けてみると、これがくっきりよく見える。レーザー光線みたい。

 

 

 練習していると課題がいっぱい…

 

 どうしても狙い過ぎている。

 クリッカーが落ちない。

 引き手の肘が前に出ちまう。

 リリースの瞬間、顔が前に動いてしまう。

 射った矢を目で追ってしまう。

 

 

 光ファイバーだから狙いこみすぎてるんじゃない?

 

 そんなアドバイスに、我に帰りました。

 そうだった……、ウケる。

 

 愚かにも大学時代に学んだことをきれいさっぱり忘れていたのです(笑)

 

ということで、

光ファイバーは封印。

あちぇ屋に発注。

そして、これ…。


f:id:archery2017:20170909225506j:image

 

とても良い。課題克服、大満足。


f:id:archery2017:20170909225900j:image

PS

 サイトにダンパーとは衝撃でした…

 宇宙ステーションに宇宙船がドッキング…