アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

058 寒さ対策の神様アイテム

 

 

 どんなに寒い日であっても、アーチェリーの試合は当然決行されます。私も何度か寒さに震えながら戦ったことがあります。

 

 大学時代、最上級生として迎えた関東リーグ戦、第一戦は3月でした。その日の天候は、まさかの……

 

 

 

   吹 雪

 

 

 

 

 一年中、雪が振らない地区に我が大学はありました。雪が降らないので、当然、雪の中で練習したことはありません。

 3月下旬から4月末に行われる関東リーグ戦に向け、1月から3月初めは、練習試合シーズンとなります。真冬ですが、雪が降ったことなど一度もありませんでした。よって、大学時代、雪の中で試合をしたことなんかありません。

 

 よりによって、最も大事な最後のリーグ戦で、しかも、接戦が予想され、今後の流れに大きな影響がある重要なその日……

 

 

 

 埼玉は、雪。

 

 

 

 

 

「埼玉は関東ではないのか!」

 

 

 

 心の中でそう叫んでいました。

 

(からっ風の地域なので、関東平野はどこであっても雪が降らないと思ってました。)

 

 

 

 

 

 

 さて、積雪10cm、猛吹雪の中、試合は、当たり前のように始まりました。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 あの時、これがあれば、もっと素晴らしい点数が出たはず……

 

 

 

 

  そちらの商品が、本日ご紹介させていただきます神アイテムです。その名は……

 

 

 

     バスケットボール用

     手 甲

f:id:archery2017:20180509145705j:image


 

 

 

■メリット

 ・手がとっても暖かくなる。

 ・取り掛けに、ほほ影響なし。

 ・グリップに、ほぼ影響なし。

 ・場所を取らず、携帯しやすい。

 ・寒い日は、他の人にドヤ顔ができる。

 ・デザインもまずまず。

 ・お手頃価格(1000円〜2000円)。

 ・アマゾンでも楽天でも簡単に買える。

 

■デメリット

 ・特に見当たらない。

 

 

 

 

こんな感じ……


f:id:archery2017:20180509145552j:image


f:id:archery2017:20180509145614j:image
f:id:archery2017:20180509145628j:image
f:id:archery2017:20180509145721j:image


 

 

    是非、お試しあれ。

 

 

 

 

 

 

057 診察終わりました。

 

 

症状を伝えました。

レントゲン検査もしました。

先生に色々触られたり、動かされたりしました。

 

 

 

 そして、先生はこう断言しました。

 

 

 

  頚椎椎間板ヘルニア

 

 

 

 

 

  え?  そっちですか?

 

 

 

 

 ちーん。

 

 

 

 

 

 

 

056 今、待合室です。

 

 

 先週の火曜日、練習頑張りました。激務激務の日々でしたが、4月のゴールデンウイークにたっぷり休日出勤したおかげで、練習できました。

 

 

 

 ようやく、アンカーの位置、いい所を見つけました。鼻、口、顎のライン、引手小指が、自然と決まるいい位置を見つけました。

 

 

 およそ1年かかりました。

 その感触、とっても気持ち良かったです。

 

 

  サイトが決まってからは、30mで赤点近辺(6射で54~57点)を射ち続け……、途中から押手肩と引手肩に痛みを感じつつも、まー、射ってました。久し振りだから筋肉痛?とか思いつつ。

 

 点取りもしてたので、痛みを堪えながら続けました。

 

 

 330点行くかな?

 ま、このあと失速しても320点行けるかも。

 

 

 痛みが強くなり、でも止めたくなくて…

 

 しかし、矢は右下に行き始め……

 

 だが、右下7点付近でかなりのグルーピングでした。

 

 

 顔の傾き?

 顔向け?

 取り掛けの力の入れ具合?

 リリース? 

 矢筋?

 重心?

 

 押手の肩??

 

 

 

 そんな3射×3回のあと、原因がよく分からないまま、再び3本とも金に入り始め…

 

 だが、ラストの6射はクリッカーが全然切れません。少し前に出すも、タイミングよく切ることできず……

 

 

 痛みの中、最後まで射ちました。

  

 そんなこんなで点数が出るはずもありません。

 

  何かモヤモヤします。

 

 

 

 ですが、やっと理想的なアンカーの感覚を得ることができ、そして、肩の痛みさえなければ、赤点(30mなら330点)もそのうち出る感じがします。

  ゴールデンウイーク後半の四連休が楽しみです。たっぷり、練習ができそうです。ワクワクしてます。

 

 と言う、素敵な火曜日の夜でした。

 

 

 

 

      BUT

 

 

 

 翌日、肩に激痛。

 今日を含め、6日間の激痛。

 何もしていなくても、激しく痛みます。

 これまで経験したことのない痛みの種類です。

 

 

 

 連休なので、通院できず、ただひたすらに耐えるのみでした。この痛み、辛すぎです。何もしていなくてもずっと激痛なのです。

 

 

 

 

 そして、今、整形外科の待合室。

 

 

 果たして……

 

 

 

 

 ちょっと怖いかも。

 

 

 

055 アーチェリーの大会に天候は無関係 ①

 

 アーチェリーの大会や試合は、どんな天候でも、基本、やります。

 

 

 私もかつて、いくつか経験しました。

 

 

 

 

 

 台 風

 

 

 

 台風の真下で戦ったことがあります。なぜ、こんな中でアーチェリーをしなければいけないのか理解に苦しみながら、開会式に参加してました。

 

 ずぶ濡れになり、風に遊ばれながら、メガネの雨をぬぐいつつ、戦いました。

 

 一体、こんな中でアーチェリーするなんて、意味ねーだろ!

そう心の中で何度も叫んでいました。

 

 

  

    ん ?

 

 

 

 この時、私は、忘れられない光景を見たのです。

 

 

 

   目 = 快 晴

 

 

 雨は止み、風もなく、見上げると、頭上だけが丸く、快晴でした。もろ台風の目です。まさに黒目、いや……

 

 

  瞳 です。

 

 

 

 台風の瞳に入ったのは、今のとこ、人生でこの1回だけです。

 

 

 この日、悪天候の中でアーチェリーした意味がありました。

 

 

 台風の目の中で戦ったことは、忘れられない思い出のひとつです。

 

 

 この日の以降、雨の中の戦いを少し楽しめるようになりました。

 

 

 

 

 

 

054 「絶対、負けねー!」

 

 

  我が、ブラック企業

 

 

 

 3月末から、めちゃめちゃ忙しかったです。未だに忙しいです。ほぼ毎日5、6時間の残業(無給)に週末は休日出勤(無給)。1ヶ月の残業時間は、120時間を超えます(無給)。平日に仕事を持ち帰ることもよくあります。

 

 

 ですが…、

 

  子供がいるのでこんなブラック企業

  辞めることもできず……   

    貧乏暇無し

 

 

 

  その上…

 

 

 

 帰宅すると、愛娘(中学生×2)の勉強や宿題の指導が待っています。

 

 懐が寒くて、塾に行かすことが、できないので、父、5教科の教科書を読んで勉強しています。勉強しながら、勉強を教えています。

 

 

 

 

 気付けば、私……

 

 中3までの数学の問題(公立校)、全部解けます。他の教科もかなりすごいです。(自慢話)

 

 

 

 

    父ちゃん、凄い。 

 娘たちは、この素晴らしい父を心から尊敬しているのです。

 

 

 幻想でした。  

 実際は、そうでもなくて…

 こんなこと、のたまいます。

 

 

 

「父ちゃんの説明、分かりづらい」

とか、

「父ちゃんの話、長過ぎ」

とか、

「父ちゃんの話聞くと眠くなる」

とか、抜かしやがります。実際、寝ることも度々……

 

 

 

 

 先日、更に衝撃的な発言が……

 

 

 

 

「父ちゃん頑張って喋ってるから、分かった振りしてるけど、ホントは全然、分かってないからね!」

  

 

 

 

 えー、まー、何と申しましょうか。

少々、素直過ぎる、ま、可愛い娘たちです。

 

 

 

 

 

 

 

 そして、犬(メス)。

 

 

 

 

 しかし、激務過ぎて、抜け殻帰宅の私にはロードワーク(犬の散歩)に行く元気もなく……

 

 

 

 

 こんな逆境に私はいつもこう唱えています。

 

 

 

 絶対、負けねー!

 そうして、歯を食いしばり、今日も頑張ってます。

 

 

 

 

 大学時代、

 

 

 

 

 試合中、外れ始めると、自然とこう唱えてました。

 

 

 

 

 絶対、負けねー!

 

 

 

 

 

 

 

 大学時代の経験から導き出した答え

 

 

 

 

 

 

アーチェリーの試合中に限っては、

 絶対、負けねー!と思ったら、

必ず負ける。

 

 

 

 

 ちーん。

 

 

 

 

 

053 至福のひととき中 ③

 

 

 私、スタバが好きです。

 

 

 そんなことを言うと、ミーハーっぽいというか、カッコつけてるというか、調子こいてるというか、粋がってるというか、無理してるっていうか、まー色々と思う人がいるでしょう。

 

 

  確かにそういう人も多いです。

 

 

 

  で

 

 

 

 私、エスプレッソが好きです。

 

 

 コーヒーではありません。エスプレッソです。コーヒーも好きですが、エスプレッソの比ではありません。コーヒーは飲むものですが、エスプレッソは舐めるものです。この差は大きいですね。

 

 

 コーヒーも飲みますが、深煎りの苦苦でないとやる気が低下します。豆の量は一般的なコーヒーの3倍くらい使わないと駄目なのです。という訳で、深煎りの苦苦豆を買います。スタバならイタリアンロースト、タリーズならフレンチローストですね。

 

 

 で

 

 

 エスプレッソが飲める(舐めれる)喫茶店は、残念ながら私の周りには少なく、タリーズとスタバくらいです。ファミレスとかのフリードリンクでは、高性能なエスプレッソマシンを使っているサイゼリアがギリギリセーフです。

 

 

 そして、最も好きなのがスタバです。

 

 

 

 美味しい一杯のエスプレッソを飲みに行くことは、とても嬉しいことです。車で往復40分以上かけて行きます。

 

 

 

  で

 

 

 私、読書が好きです。

 

 

 

 エスプレッソを舐めながら、読書する…

 これ、私の贅沢なひとときなのです。

 

 

 

 

 

 娘たちは、父と一緒にいたくないお年頃になってきました。かなり拒否します。

 

 

 ふふふ、ラッキー!

 

 

 娘の意思を尊重し、妻子を家内の実家に配達し、

 

 で、私、今、スタバ(笑)

 

 

 

今日、持ってきた本は…

 
f:id:archery2017:20180401161754j:image

 

 

 ずっと読んでみたかったリー・キーシクの名著「インサイド・アーチャー」です。定価3800円なので、なかなか購入する勇気がありませんでしたが、先日、アーチェリーがとっても上手い人から借りることができました。

 

 大事なところをしっかりと刻み込み、そして振り返りやすいように、読みながらwordでまとめノートを作成しています。

 


f:id:archery2017:20180401162157j:image

 

 小型タブレットと、折り畳み携帯用キーボードを持ち込んで、至福のひととき中です。

 

 タッチパネルの入力は、女子高生のようにサクサクできないので、キーボードを使います。長文入力となると、タッチパネルは、ストレスがたまりますね。

 

 

 

 ふと気付くと、

 私、かなり「意識高い人」になっている・・・

 

 

 

 そう思われるのは、ちょっと嫌ですが(笑)、至福のひとときを追い求めた結果、こうなったということで良しとします。

 

 

 

 ちなみにオーダーはいつも

 

 スタバなら「エスプレッソ ドピオで」です。

 タリーズでは「エスプレッソ ダブルで」となります。

 

 

 

 今日は、ここでお世話になった人に手紙を書き、リー・キーシクの本を読んで「スタンス」と「姿勢」についてまとめ、久し振りにブログを書いています。

 

 

 う〜ん、幸せ…

 

 

 

 

p.s.

 ちょっとずつ暖かくなってきました。

 走るのはとても気持ちがいいですね。

 春ですね。

 

 

 

052 今日から走ります。

 

 前回、私はこう言いました。

 

 

 

 

 時間を上手にやりくりし、……。

 

 

 

 

 この10年間、だらけた生活をしてきた私にとって、これはとてつも無く難しいことなのです。

 

 きちんとした何かをするよりも、ゴロゴロしたり、だらだらしたりする方が、楽です。

 

 

 

 そして、自分自身にこう言い訳します……

 

 

 夜なら…

  今日はよく頑張ったから、心身をしっかり休ませないとね。

 

 

 朝なら…

 昨日ははよく頑張ったから、心身をしっかり休ませないとね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分を律する。

 

 

 弱い自分に勝ちたい。

 

 このまま、だらだら人生を終えたくない。

 

 

 

 

 

 

  克 己

 

 

 

 

 私は今、一度しかないこの人生の時間をどのように使うかを自分で選ぶことができます。これは、現在の日本では、ごく当たり前のようですが、歴史を振り返ったり、他の国を眺めたりすると、我々が如何に恵まれた環境の中に存在しているのかが分かると思います。

 

 

 

 

 なのに、現在の私は、自分に言い訳をしながら、時間の無駄遣いをしています。

 

 

 

 

 

 

 今日からは、30分あれば、犬とジョギング(カッコよく言えばロードワーク)したいと思います。

 ※ 018の記事参照。

 

 

 

 

 

 継続は力なり

 

 

 

 何かを始めることは、勢いとエネルギーが必要です。

 

 何かを続けることは、自分に打ち克つ根性が必要です。

 

 

 

 

 言うことは、簡単です。

 それを行動に移すことは、難しいです。

 それを継続させることは、至難の技です。

 

 

 

 

 

 弱い自分に打ち勝つために、早速、今日もこれからウンコ袋片手に走ってきます。

 

 

 

 走ると何かが変わる気がするのです。