アーチェリーに燃える親父のブログ

アーチェリーに情熱を燃やし始めた40代親父の青春日記

022 それって、そういうこと?

 引くと肩に痛みが走るのです。

 押手も引手も。

 

 ビクビクしながらのドローイング、

 歯を食いしばってのリリース、

 ちょっと後悔のフォロースルー…

 

 

 そんな生活が嫌になり、整骨院へ通い始めました。とにかく、ビクビクしないで、ケラケラしたいと願うのです。

 

 

 

 そんなある日、今度は腰が痛くなってきたのです。徐々に強く、そして確実に。

 

 すぐに治して(直して)、練習を本格化させることを狙い、私は毎日通いました。どんなに仕事でくたびれていても「明日の練習のため」とハッパをかけて通いました。

 

 そんなひたむきな私を、腰痛は容赦なく、襲い続けたのです。

 

 

 車の運転 もちろんできず、

 助手席 乗ること ままならず、

 落し物には 気付かぬふりで、

 靴下履くのも 勇気が必要 …

 

 

 昨日、激痛で歩くのもままならぬ私に、信頼している整骨院の院長先生はこう言いました…

 

  MRIを撮ったらいいですよ、すぐにでも。

 

 腰痛プロの私は、それが何を意味するのかすぐにピンときました。

 

  

 まさか、それって、そういうことですか?

 

 

 恐る恐る問う私に、彼はゆっくりと言うのです。

 

 

  はい、可能性はかなりあると思います。

 

 

 「そういうこと」としか言っていないのに会話が成立する恐怖。整骨院の先生が、整形外科を勧めるなんて……

 

 今夜は忙しくて通院、無理…

 明日は祝日でやっぱり無理…

 明後日は日曜でもちろん無理…

 

 

 何にもしなくても、勝手に治っていたら

 

 素敵だなー

 

 

 

021 自由研究②

 自由研究ということで、弓の制作に情熱を燃やした夏休み(014参照)。ハンドルまで出来上がった弓のその後について質問が多くありました。

 …で、どうなった?

f:id:archery2017:20170916205841j:plain
 線を引いて…f:id:archery2017:20170916210020j:plain
 切って、サキっちょ整えて…
f:id:archery2017:20170916210121j:plain
 ボール盤で穴あけて、
 ワッシャーとバネかませて、ボルト締め…


 最後に、買ったばかりのダクロン弦を張って…




 ん、んん…   バキっ



f:id:archery2017:20170916210535j:plain
f:id:archery2017:20170916210607j:plain




 
 ちーん





 かなり熱中して作っていました。
 作ること自体、楽しかったです。

 なので…

 ま、いっかー(笑)


 弓の構造はシンプルな方が、いいようだ。
 女と一緒だ。

020 快晴は快感です。

 果てーしーないー

 おおーぞらーとー

 ひろーいだーいちーのー

 そのーなかーでー

 いつーのー日かー

 しあーわせーをー

 じぶーんのーうでーでー

 つかーむーよぉー

     大空と大地の中で 松山千春


f:id:archery2017:20170916200950j:image

 

 

 快晴のなかでの アーチェリーは 最高!!

 

 そんなこと、学生時代は感じたことはありませんでした。

 

 失って初めて知りました……

 あれは贅沢な時間だったと

 

 仕事に時間を費やし、家族に愛と時間を注ぐ…

そんな親父に残された自由な時間はごく僅か。

仕事が休みで、家族と時間を共にしなくても良い時間。そんな希少な時間がもし昼間だったら最高です。ましてや、天気が快晴なんて、この上ない幸せであります。

 

 地上の楽園 至福のひととき 極上の快感

 
f:id:archery2017:20170916204714j:image

金にぶち込めなくても、気持ちいいー

ああー、気持ちいいー

 

明日も天気になってくれー!

と心より願っております。

 

 もっと、極上の快感が欲しい! あーー

 

 

019 サイトピンはとても大事です。

今宵は、サイトピンについて述べてみたい。

 

サイトピンはとても大事……

大学時代、そんな思いが実感としてあった。

サイトピンを変えただけで、射が変わり、点が変わりました。


f:id:archery2017:20170909214340j:image

 元々、どぉってことのないピンを使っていました。

 

 

 どうしても狙い過ぎている。

 クリッカーが落ちない。

 引き手の肘が前に出ちまう。

 リリースの瞬間、顔が前に動いてしまう。

 射った矢を目で追ってしまう。

 

 試行錯誤の練習の日々。

ある日、ふとこんな思いがよぎったのです。

 

 

  そもそもサイトポッチって必要か?

   

 註)サイトポッチ…サイトピンの真ん中のポッチのこと

 

 

 そんなある日のこと、こんな言葉を知ったのです。

 

  リングサイト

 

 即断即決即実行の私は、善は急げで、すぐさまポッチをむしり取ったのです、ピンセットで。意外にもあっさり取れました。何だか、高いくせに随分とちゃっちーなーと思ったことを未だに覚えています(笑)

 

 何だか、これ、いいかもー

と喜んで使っていると不具合が…

日差しの関係で、リングが良く見えなくなることが度々ありました。リングの中と外の境目がわかりづらくなるのです。

 

 何かいいけど、試合じゃ使えないな。

 

 そんなある日のことでした。太いリングを使う奴を見かけたのです。脳みそフル回転で考え、試し、いじって…。そうしてたどり着いたのが、

 

 スペンサー

 

 スペンサーとは、当時ニシザワの弓に装備されてた、ハンドルとリムの間に挟むワッシャーのようなもの。これを挟むとポンドが変わるのです。
f:id:archery2017:20170909221624j:image

これが、当時使っていた、どぉってことのない私のサイトリングにピッタリ合うのです。
f:id:archery2017:20170909222027j:image

 

使ってみて…

 一点でピッタリ合わせるのではなく、だいたいで合わせることにより、狙い込みすぎるデメリットを克服することができました。その上、周りの光や景色をスペンサーが消してくれるので、エイミングに集中しやすくなりました。(個人の感想です)

 

 いいことだらけ!

 

 しかし、ある本にはこんな記述が… 

 

 リングサイトは、エイムオフが難しくなるので、風が吹いてる日は大きなデメリットとなる。

 

 それは疑問です。

 

 そんなことはありません。慣れです。普段からやっていればできます。その証拠に、私は強い風の吹く大会では、周りが大外しを連発する中で、点数がさほど下がらず、その結果、好成績を収めていました。勝ったり、大活躍した試合は全て悪天候でした。

 

 リングサイトでもエイムオフは大丈夫!

 

 

 

 アーチェリーを始めるに当たり、サイトを新調しました。サイトピンは昔憧れていた光ファイバー。使ってみたかったんです。うまい人っぽいし…。取り付けてみると、これがくっきりよく見える。レーザー光線みたい。

 

 

 練習していると課題がいっぱい…

 

 どうしても狙い過ぎている。

 クリッカーが落ちない。

 引き手の肘が前に出ちまう。

 リリースの瞬間、顔が前に動いてしまう。

 射った矢を目で追ってしまう。

 

 

 光ファイバーだから狙いこみすぎてるんじゃない?

 

 そんなアドバイスに、我に帰りました。

 そうだった……、ウケる。

 

 愚かにも大学時代に学んだことをきれいさっぱり忘れていたのです(笑)

 

ということで、

光ファイバーは封印。

あちぇ屋に発注。

そして、これ…。


f:id:archery2017:20170909225506j:image

 

とても良い。課題克服、大満足。


f:id:archery2017:20170909225900j:image

PS

 サイトにダンパーとは衝撃でした…

 宇宙ステーションに宇宙船がドッキング…

 

 

018 イメージと現実のカオス(ロードワーク編)

 足首の痛みも治り、再びロードワークに出ることにした。

 

■ image ■

 爽やかに颯爽と走るその姿はもはや美し過ぎて息を呑む。

 朝のピーンとした空気が魂の芽吹きを誘う。

 澄み切った心が君を想う。

 風を感じ、髪をなびかせ、走りながら、こうつぶやく……

  これは 幸せ!
f:id:archery2017:20170902070056j:image

 

 

■■

軽快な走りで、足首を痛めた。

痛みが、走りを遅くする。

朝は眠くて起きられない。

家族はチャンスを見逃さない。

走りながらの散歩に、犬、興奮。

 

 

■ real ■

 まったりとペタペタ走るその姿はまさに深夜のダイエッター。

 夜のもわっとした空気が魂の眠りを誘う。

 何か違うと君を恨む。

 暗闇の中、うんこ片手に、こうつぶやく……

  これは 労働?
f:id:archery2017:20170902072455j:image

 

 

 

   ロードワークは、路上労働

 

 

 いづれにしても、走り終わったあとのシャワーは最高。走った者だけが許される人生の贅沢タイム。至福のひととき。

 

だから、今日も俺は走る、己の為、そして犬の為

017 スタンスについて考えました①

 この一週間、スタンスについて考えました。

 

 高校時代は、ストレートスタンスでした。本を見たらそれが「普通」みたいに書かれていたのでね。当時、オープンとクローズがあるのは本を見て知ってはいましたが、どうしてそうするのが良いかということは知りませんでしたし、さほど興味がありませんでした。別に立ち方なんてどうでもいいしょ、と当時思っていました。

 

 

= 閑話休題 高校時代の思い出話 =

 

 

<アーチェリーについての無知ぶり①>

    ← 高校時代読んでいた本。

 当時、私たちのアーチェリーについての知識は、図書室にあったこの一冊の本が全てでした。ここに書かれていないことは分からないし、そもそも書かれていてもよく分からないし…。この小さな本をみんなで何度も読みましたが、分かったような分からないような…。理解できたことは、クロマニヨン人が洞窟にアーチェリーの絵を描いていた、とか、矢の初速は新幹線と同じくらい、とか、フライング競技では800mも飛ぶ、とか、俺の弓でも45度で射てば250m以上飛ぶ、とか、そんなことくらいでした。

 

 ちなみに正しいノッキングポイントの作り方を知ったのは大学で洋弓部に入部したとき。

   くるくるくるくるきゅひゅひゅひゅひゅひゅ……

 ノッキングポイントが出来上がる様子に驚きました。あの本の解読できなかった解説図でしか見たことのないノッキングポイントが目の前で作られていく…。本当に感動しました。「ノッキングポイントを作る様子を見て感動しました選手権大会」では、確実にメダルを手にしたことでしょう。

   経験のある先輩も顧問もいないが故の恐ろしい世界・・・

 今のようにネットもなく、動画という概念もない時代のお話でした(VHS=ベータ戦争時代)。

 

  教訓 分からない奴は知らない奴より感動できる。

 

 

 

 さて、話を戻しますか・・・。 うーん。うーむ。 

眠いので、続きは次回にしますね。

 

 

016 インソール買いました。

 今月上旬、体力の向上を目指し、走り始めました。

 

 一日目 24分。快調! 気持ちいい。

 走ったあとのシャワーは最高ですよね。

 

 二日目 30分。

 昨日より走れた。やったぜ感いっぱい。

 

 大して疲れもない。「やっぱ、俺すごいじゃん」といい気になる。

 

そして、勢いづいた私は……

 

「10日間連続で走れたら10kmマラソン大会に出場します」宣言!

 

 三日目 筋肉痛(初日の分)で体が重い(汗)

 28分地点、コキッ!! 

 足首に鋭く激しい痛み(汗)

 

 連続走ります記録は、三日目で途絶えました。

「10kmマラソン大会に出場します」宣言を早くも翌日には撤回することになったのです(泪)

 

 私、考えました。

 何が良くなかったのか?

 

 ① 体が重い

 ② その重さを支えきれない軟弱な足首と腰

 

 

 若者は鍛錬で乗り越え、中年は金で切り抜ける

 そんな言葉がこだまする……

 

   

    そしてアマゾン

 


f:id:archery2017:20170826013621j:image

 よさげだな、うん、これにしよう。

 サイズは… 


f:id:archery2017:20170826014600j:image

 昔は28.0とか大きめ履いてたこともあったけど、

 普段の靴が今は26.5〜27.0だから……

   サイズ D にしよう。

 

 先日、届きました!

 わくわくしながらお気に入りのシューズに装着すると……

 

  あれ?

    ……小さい。

 

 インソール小さ過ぎです。

 

 シューズのサイズを見ると 28.0cm

 

 あっ、しまった、俺、ジョギングシューズは昔のものしか持っていないんだったー!! 

f:id:archery2017:20170826014756j:image

 

 まー、いいだろう。これも何かの縁。返品せずに使いましょう。

 

 靴の中でインソールが滑る。

 

ま、そのうち慣れるはず、どーってことはない。

 

 

 認めたくないものだな

 サイズ選びの過ちというものを……

 

     シャアの言葉が、こだまする。 

 

f:id:archery2017:20170826020645j:image

 

 

 

 よし、明日から走ろう!

     アムロの言葉に決意する。


f:id:archery2017:20170826022934j:image